読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしがないす

スリハー・スリハー!

誰も得しない私のiTunes/厳選429枚

f:id:tomoshido:20170525171608j:plain

※付きのものは特にオススメ

ライブ盤は抜いてあります

 

  1. →Pia-no-jaC←『First Best [Disc 1]』
  2. →Pia-no-jaC←『Re:EARTH』
  3. →Pia-no-jaC←『暁』
  4. →Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎『BATTLE NOTES』※
  5. Arctic Monkeys『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』
  6. Asa-Chang & Junray『Jun Ray Song Chang』※
  7. Autechre『Confield』
  8. Babyshambles『Down In Albion [Bonus Tracks]』
  9. Baker Bros.『Bakers Dozen』
  10. the band apart『K. AND HIS BIKE』
  11. the band apart『Scent of August』
  12. Beastie Boys『Licensed To Ill』
  13. Beck『Guero』※
  14. Beck『The Information』
  15. Beck『Midnight Vultures [Bonus Track]』
  16. Beck『Mutations [Bonus Tracks]』
  17. Beck『Odelay』※
  18. Beck『Sea Change』
  19. Blue King Brown『Stand Up [Bonus Track]』
  20. The Bluetones『Expecting To Fly [Bonus Track]』
  21. BlurBlur [Bonus Track]』※
  22. Blur『Modern Life Is Rubbish』
  23. Boredoms『Super Are』
  24. Buffalo Daughter『New Rock』
  25. Cajun Dance Party『The Colourful Life [Bonus Tracks]』
  26. capsule『Fruits Clipper』※
  27. cero『My Lost City』
  28. cero『Obscure Ride』※
  29. Chara『Violet Blue』
  30. Clap Your Hands Say YeahClap Your Hands Say Yeah
  31. Clap Your Hands Say Yeah『Hysterical』
  32. Cocco『ベスト+裏ベスト+未発表曲集』
  33. Comeback My Daughters『Parade of Horses』
  34. CorneliusFANTASMA』※
  35. Cornelius『THE FIRST QUESTION AWARD』
  36. Cornelius『Sensuous』※
  37. Cornelius『デザインあ』
  38. Cornelius『69/96』
  39. cutman-booche『Permanents』
  40. Cymbals『That's Entertainment』
  41. d.v.d『Blu-Day』
  42. Daniel Johnston『1990』
  43. David Bowie『Low』
  44. David BowieZiggy Stardust』
  45. DE DE MOUSE『A journey to freedom』
  46. DE DE MOUSE『Sunset Girls』※
  47. The Dead Weather『Horehound』
  48. Deerhunter『Microcastle』
  49. Depeche Mode『Violator』
  50. detune.『sono』
  51. detune.『オワルゼンド』
  52. Devo『Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!』
  53. DIRTY OLD MENBlazing
  54. Dirty Pretty Things『Waterloo To Anywhere』
  55. The Dismemberment Plan『Emergency & I』
  56. The DoorsThe Doors』※
  57. The Doors『Strange Days』
  58. Electric President『The Violent Blue [Bonus Tracks]』
  59. Eric Clapton『Pilgrim [Bonus Track]』
  60. The Feelies『Crazy Rhythms』
  61. FISHMANS『Aloha Polydor』
  62. FISHMANS『Neo Yankees' Holiday』
  63. FISHMANS『空中キャンプ』※
  64. FISHMANS『宇宙日本世田谷』※
  65. FISHMANS『8月の現状』
  66. The Flaming Lips『Soft Bulletin』
  67. The Flaming Lips『Yoshimi Battles The Pink Robots』
  68. Flipper's Guitar『three cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった~』
  69. Flying Lotus『Cosmogramm』※
  70. Flying Lotus『Until The Quiet Comes』
  71. Foals『Antidotes』
  72. Foals『Total Life Forever』
  73. Frank Zappa『Chunga's Revenge』
  74. Frank ZappaFreak Out!』
  75. Frank Zappa『The Grand Wazoo』
  76. Frank Zappa『Hot Rats』※
  77. Frank Zappa『Sheik Yerbouti』※
  78. Galactic『Ruckus』
  79. Gang Gang Dance『Eye Contact』
  80. Gang Gang Dance『Saint Dymphna』※
  81. Girls『Album』
  82. GO!GO! 7188『ベスト オブ ゴー! ゴー!』
  83. GO!GO! 7188『蛇足歩行』
  84. Gorillaz『Demon Days』
  85. Gorillaz『Plastic Beach』
  86. Grimes『Visions』
  87. HeavenstampHeavenstamp』※
  88. The Heavy『Great Vengeance And Furious Fire』
  89. Her Ghost Friend『Her Ghost Friend』
  90. Hot Hot Heat『Happiness Ltd.』※
  91. indigo la End藍色ミュージック』
  92. INU『メシ喰うな』
  93. Jack White『Blunderbuss』
  94. James Blake『James Blake』
  95. James Blake『Overgrown』※
  96. Jamiroquai『Dynamite』
  97. The Jesus & Mary ChainHoney's Dead』
  98. JET『Get Born [Bonus Tracks]』
  99. JET『Shine On [Japan]』
  100. Jim O'Rourke『Bad Timing』
  101. Jim O'Rourke『Eureka [Bonus Track]』※
  102. Jim O'Rourke『Insignificance』
  103. John Frusciante『Curtains』
  104. John Frusciante『The Empyrean [Bonus Tracks]』
  105. John Frusciante『Shadows Collide With People』
  106. John Frusciante『To Record Only Water For Ten Days』
  107. John Frusciante『The Will To Death』
  108. Juana Molina『Segundo』※
  109. Juana Molina『Un Día』
  110. Juana Molina『Wed 21』
  111. Junior Senior『D-D-Don't Don't Stop The Beat [Bonus Tracks]』
  112. Junior Senior『Hey Hey My My Yo Yo』
  113. Justice『Audio, Video, Disco』
  114. Justice『Cross』※
  115. Kanye West『Late Registration [Bonus Tracks]』
  116. Kanye West『My Beautiful Dark Twisted Fantasy [Explicit]』
  117. KasabianKasabian』※
  118. Kasabian『West Ryder Pauper Lunatic Asylum [Japan] [Disc 1]』
  119. Ken Arai『寄生獣 セイの格率 オリジナル・サウンドトラック』
  120. Kenji Kawai『Ghost In The Shell』※
  121. Kimonos『Kimonos』
  122. King Crimson『Earthbound』
  123. King Crimson『In The Court Of The Crimson King』※
  124. Kings of Leon『Because Of The Times [Bonus Track]』
  125. LAMA『Modanica』
  126. LAMA『New!』※
  127. Landing『Sphere』
  128. Languis『Fractured』
  129. The La's『The La's』
  130. Late Of The Pier『FANTASY BLACK CHANNEL』
  131. Led Zeppelin『Houses Of The Holy』
  132. Led ZeppelinLed Zeppelin I』
  133. Led ZeppelinLed Zeppelin II』
  134. Led ZeppelinLed Zeppelin III』
  135. Led ZeppelinLed Zeppelin IV』
  136. LEO今井『FIX NEON』※
  137. Letting Up Despite Great Faults『Letting Up Despite Great Faults』
  138. The LibertinesThe Libertines [Bonus Tracks]』※
  139. The Libertines『Up The Bracket [Bonus Track]』※
  140. M.I.A.『Arular [Bonus Tracks]』
  141. M.I.A.『Kala [Bonus Tracks]』
  142. M.I.A.『Maya』
  143. macaroom『room-103』
  144. The Makers『Stripped』
  145. The Mars Volta『De-Loused in the Comatorium [Bonus Track]』※
  146. The Mars Volta『Frances The Mute』
  147. Maskroid『Protagonist』
  148. Metronomy『English Riviera』
  149. Metronomy『Nights Out』
  150. MGMT『Oracular Spectacular』
  151. Mice ParadeMice Parade [Bonus Tracks]』
  152. The Millennium『Begin』
  153. The Mirraz『NECESSARY EVIL』
  154. The Mirraz『OUI! OUI! OUI!』
  155. The Mirraz『TOP OF THE FUCK'N WORLD』
  156. The Morning Benders『Big Echo [Bonus Tracks]』※
  157. Mu『Afro Finger And Gel』
  158. Múm『Yesterday Was Dramatic Today Is OK』
  159. Muse『Absolution』※
  160. Muse『Black Holes And Revelations [Bonus Track]』
  161. The Music『The Music [Bonus Track]』
  162. The Music『Strength In Numbers』
  163. The Music『Welcome To The North』
  164. My Bloody Valentine『Isn't Anything』
  165. Nabowa『Nabowa』
  166. Neil Young『After The Goldrush』
  167. The New Mastersounds『Live At La Cova』
  168. NirvanaBleach』※
  169. NirvanaNEVERMIND
  170. NirvanaNirvana [Japan]』
  171. nujabes『Metaphorical music』
  172. Number Girl『SAPPUKEI』
  173. Number Girl『SCHOOLGIRL BYE BYE』
  174. OGRE YOU ASSHOLE『homely』
  175. OGRE YOU ASSHOLEOGRE YOU ASSHOLE』※
  176. OGRE YOU ASSHOLE『アルファベータ vs. ラムダ』
  177. OGRE YOU ASSHOLE『平均は左右逆の期待』
  178. OGRE YOU ASSHOLE『100年後』
  179. Paul McCartney『Ram』
  180. Pavement『Brighten The Corners』
  181. Pavement『Crooked Rain, Crooked Rain』
  182. Pavement『Slanted And Enchanted [Bonus Tracks]』
  183. Pavement『Terror Twilight』
  184. Pavement『Wowee Zowee』
  185. People in the box『Bird Hotel
  186. People in the box『Frog Queen
  187. People in the box『Rabbit Hole』
  188. PE'Z『極月 -KIWAMARI ZUKI-』
  189. PE'Z『九月の空-KUGATSU NO SOLA-』
  190. the pillows『Fool on the planet』
  191. the pillows『OOPARTS』
  192. the pillows『Rock stock & too smoking the pillows』※
  193. Pink FloydAtom Heart Mother』
  194. Pink Floyd『Dark Side Of The Moon』
  195. Pixies『Surfer Rosa & Come On Pilgrim』
  196. Pizzicato Five『ROMANTIQUE '96』
  197. Pizzicato Five『ピチカート・マニア!』
  198. Pizzicato Five『女性上位時代』※
  199. PLATON『トーキョー・ユース!(TOKYO YOUTH!)』※
  200. P-MODEL『Perspective』
  201. Polaris『Family』※
  202. Polaris『Tide』
  203. The Postal Service『Give Up』
  204. Primal Scream『Xtrmntr [Bonus Track]』
  205. R.E.M.『Automatic For The People』
  206. Radiohead『Amnesiac』
  207. Radiohead『Hail To The Thief』
  208. RadioheadIn Rainbows』※
  209. Radiohead『Kid A』
  210. Radiohead『OK Computer』※
  211. Rage Against The Machine『The Battle Of Los Angeles (IMPORT)』※
  212. Rage Against The MachineRage Against The Machine』※
  213. The Rapture『Echoes』
  214. Red Hot Chili Peppers『Blood Sugar Sex Magik』※
  215. Red Hot Chili Peppers『By The Way [Japan]』※
  216. Red Hot Chili Peppers『Californication』※
  217. Red Hot Chili Peppers『Freaky Styley [Bonus Tracks]』
  218. Red Hot Chili Peppers『I'm With You』
  219. Red Hot Chili Peppers『Mother's Milk [Bonus Track]』※
  220. Red Hot Chili Peppers『One Hot Minute』
  221. Red Hot Chili Peppers『The Uplift Mofo Party Plan [Bonus Tracks]』
  222. Rei Harakami『Red Curb』
  223. The Rolling Stones『Let It Bleed』
  224. The Rolling Stones『Sticky Fingers』
  225. S.L.A.C.K.『WHALABOUT?』
  226. SAKANA『My Dear』
  227. The Script『The Script』
  228. The Sea And Cake『One Bedroom [Japan]』
  229. The Sea And Cake『Oui』
  230. Sex Pistols『Never Mind The Bollocks Here's The Sex Pistols
  231. Shing02『緑黄色人種』※
  232. Shing02『歪曲』
  233. Shugo Tokumaru『EXIT』※
  234. Shugo Tokumaru『Port Entropy』
  235. Sim Redmond『Life is Water』
  236. Sim Redmond『Good Thoughts』
  237. Skrillex『Bangarang EP』
  238. Sonic Youth『Daydream Nation』
  239. Sonic Youth『Goo』
  240. SOUL FLOWER UNION『ELECTRO ASYL-BOP』
  241. SOUL FLOWER UNION『カムイ・イピリマ』※
  242. Sound Tribe Sector 9『Artifact』
  243. Sparks『Kimono My House
  244. SPECIAL OTHERS『Have a Nice Day』
  245. SPECIAL OTHERS『Good Morning』※
  246. SPECIAL OTHERS『STAR』
  247. Squarepusher『Music is Rotted One Note』
  248. Squarepusher『Shobaleader One: D'demonstrator [Bonus Track]』※
  249. Squarepusher『Ultravisitor』
  250. The Streets『A Grand Don't Come For Free [Bonus Track]』※
  251. The Streets『Original Pirate Material』
  252. The Strokes『Angles』
  253. The Strokes『Comedown Machine』
  254. The Strokes『First Impressions Of Earth』
  255. The Strokes『Is This It?』※
  256. The Strokes『Room On Fire』
  257. Suede『Coming Up』
  258. Suede『Dog Man Star』
  259. Suede『Head Music [Bonus Track]』
  260. SuedeSuede』※
  261. Sufjan Stevens『The Age Of Adz』※
  262. supercellToday Is A Beautiful Day
  263. The Suzan『Golden Week For The Poco Poco』
  264. TAMTAM『For Bored Dancers』
  265. tenniskoats『Tan-Tan Therapy』
  266. theピーズ『グレイテスト・ヒッツ』
  267. TIN PAN ALLEY『キャラメルママ』
  268. tabaccojuice『HEADPHONE GHOST』
  269. toe『the book about my idle plot on a vaque anxiety』
  270. TOMOVSKY『EXPO』
  271. Tujiko Noriko『From Tokyo To Naiagara』
  272. The White Stripes『Elephant』
  273. The White Stripes『Icky Thump』
  274. Yellow Magic Orchestra『Solid State Surviver』
  275. YeYe『朝を開けだして、夜を閉じるまで』※
  276. Zazen BoysZazen Boys
  277. Zazen Boys『Zazen Boys2』
  278. Zazen BoysZazen BoysⅢ』
  279. Zazen Boys『Zazen Boys4』
  280. Zazen Boys『すとーりーず』
  281. あっぱ『MANTRA』
  282. あっぱ『ラシポ紀』
  283. ウリチパン郡『せん』
  284. おさむらいさん『かえしうた』
  285. カーネーション『WILD FANTASY』
  286. カーネーション『SWEET ROMANCE』
  287. キセル『近未来』
  288. キセル『夢』
  289. きのこ帝国『Uzuninaru』
  290. きのこ帝国『猫とアレルギー』
  291. きのこ帝国『フェイクファーワンダーランド』※
  292. キャラヴァン『Raw Life Music』
  293. クラムボン『JP』
  294. クラムボン『まちわびまちさび』
  295. くるり『THE PIER』
  296. くるり『TEAM ROCK』
  297. くるり『THE WORLD IS MINE』※
  298. くるり『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』
  299. ゲスの極み乙女達磨林檎
  300. ゲスの極み乙女『魅力がすごいよ』※
  301. さかな『BLIND MOON』※
  302. サカナクションDocumentaLy
  303. サカナクション『kikUUiki』
  304. サカナクション『sakanaction』
  305. サカナクション『シンシロ』
  306. サニーデイ・サービス『東京』
  307. スーパーバタードッグ『FUNKASY』
  308. スーパーカー『HIGHVISHION』
  309. スーパーカー『スリーアウトチェンジ』※
  310. スチャダラパー『WILD FANCY ALLIANCE』
  311. ストレイテナー『CREATURES』
  312. スピッツ『名前をつけてやる』※
  313. チャットモンチー『変身』
  314. ともさかりえ『トリドリ。』
  315. ねごと『ex Negoto』
  316. ねごと『Hello!”Z”』
  317. ねごと『5』
  318. パスピエ『&DNA』
  319. パスピエ『演出家出演』
  320. パスピエ『幕の内ISM』
  321. はちみつぱい『センチメンタル通り』
  322. はっぴいえんどはっぴいえんど』※
  323. はっぴいえんど『風街ろまん』
  324. ハンバートハンバート『まっくらやみのにらめっこ』
  325. ハンバートハンバート『11のみじかい話』
  326. ハンバートハンバート『ニッケル・オデオン』
  327. ハンバートハンバート『道はつづく』
  328. ヒトリエ『DEEPER』※
  329. ヒトリエ『ルームシック・ガールズエスケープ』
  330. フリクション『軋轢』
  331. トロールズ『amber』
  332. トロールズ『EVE2009』
  333. トロールズ『Problems』
  334. マキシマムザホルモン『ぶっ生き返す』
  335. ミドリ『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』
  336. モーモールルギャバン『BeVeci Calopueno』
  337. モーモールルギャバン『クロなら結構です』
  338. モーモールルギャバン『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』
  339. モーモールルギャバン『野口、久津川で爆死』
  340. やくしまるえつこ『RADIO ONSEN EUTOPIA』
  341. ヤバイTシャツ屋さん『We love Tank-top』
  342. ゆらゆら帝国『ミーのカー』※
  343. ゆらゆら帝国ゆらゆら帝国Ⅲ』
  344. ゆらゆら帝国ゆらゆら帝国のめまい』
  345. ゆらゆら帝国『空洞です』
  346. らぞく『Howsweet』
  347. レキシ『レキシ』
  348. レキシ『レキツ』
  349. レキシ『レキミ』
  350. 安藤裕子『shabon songa』
  351. 安藤裕子『Merry Andrew』※
  352. 安藤裕子『勘違い』
  353. 安藤裕子『大人のまじめなカバーシリーズ』
  354. 遠藤賢司『東京ワッショイ』※
  355. 岡村靖幸『早熟』※
  356. 岡林信康『セレナーデ』
  357. 岡林信康『わたしを断罪せよ』※
  358. 吉田兄弟『Frontier』
  359. 筋肉少女帯『BEST&CULT』
  360. 筋肉少女帯『新人』
  361. 犬式『Diego EXPRESS』
  362. 犬式Life Is Beautiful
  363. 砂原良徳『LOVEBEST』
  364. 細野晴臣『Heavenly Music』
  365. 細野晴臣『Hosono Souse』※
  366. 在日ファンク『爆弾こわい』
  367. 坂本慎太郎『幻とのつきあい方』
  368. 七尾旅人『Billion Voices』
  369. 七尾旅人『ヘヴンリィ・パンク:アダージョ
  370. 七尾旅人『リトルメロディ』※
  371. 七尾旅人『雨に撃たえば…!』※
  372. 七尾旅人911
  373. 小沢健二『Eclectic』
  374. 小沢健二『Life』※
  375. 小沢健二『刹那』
  376. 神聖かまってちゃん『みんな死ね』
  377. 神聖かまってちゃん『楽しいね』
  378. 神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』
  379. 神聖かまってちゃん8月32日へ』
  380. 水曜日のカンパネラ『シネマジャック』
  381. 水曜日のカンパネラ『羅生門』※
  382. 星野源『エピソード』※
  383. 星野源『ばかのうた』
  384. 赤い公園『猛烈リトミック』※
  385. 赤い公園公園デビュー
  386. 赤い公園『透明なのか黒なのか』
  387. 倉橋ヨエコ『ただいま』
  388. 倉橋ヨエコ『解体ピアノ』
  389. 倉橋ヨエコ『色々』
  390. 倉橋ヨエコ『東京ピアノ』
  391. 倉橋ヨエコ『婦人用』※
  392. 想い出波止場『水中JOE』
  393. 相対性理論『シフォン主義』
  394. 相対性理論シンクロニシティーン』
  395. 相対性理論『TOWN AGE』
  396. 相対性理論『ハイファイ新書』
  397. 相対性理論『正しい相対性理論
  398. 大橋トリオ『A BIRD』
  399. 大橋トリオ『THIS IS MUSIC』
  400. 大滝詠一『A LONG VACATION
  401. 中村一義『ERA』
  402. 中村一義『金字塔』※
  403. 中村一義『太陽』※
  404. 中村一義『対音楽』
  405. 中村一義100s
  406. 椎名林檎『逆輸入』
  407. 椎名林檎『日出処』
  408. 椎名林檎『カルキセイエキクリノハナ』
  409. 椎名林檎『私と放電』
  410. 椎名林檎勝訴ストリップ
  411. 椎名林檎『絶頂集』
  412. 椎名林檎無罪モラトリアム
  413. 電気グルーヴ『VITAMIN』
  414. 東京事変『color bars』
  415. 東京事変『深夜枠』
  416. 東京事変『大人』
  417. 東京事変『大発見』
  418. 東京事変『スポーツ』
  419. 東京事変『娯楽』
  420. 東京事変東京コレクション
  421. 米津玄師『diorama』
  422. 米津玄師『YANKEE』
  423. 木下美紗都『それからの子供』
  424. 矢野顕子『LOVE IS HERE』
  425. 踊ってばかりの国『Good-bye,Girlfiend』
  426. 踊ってばかりの国『SEBULBA』
  427. 踊ってばかりの国『世界が見たい』
  428. 100s『OZ』
  429. 8otto『ウィードゥー・バイブレーション』

さらばシベリア鉄道/大滝詠一【80年代音楽おさらいvol.1】

 

1988年生まれ。物心ついたのは1991年。1991年生まれみたいなもんですよ。

 

なので困ったことに、それはそれはそれは困ったことに、80年代の音楽をリアルタイムに肌で感じたことがありません。

 

そんな状態で「80年代の音楽」がベースにあるイベントに言っても「にわか乙」と思われるだけのような気がするので、Xデーまでに80年代の音楽についていくつかおさらいしておこうと思います。vol.1←イマココ

 

タイトルに“シベリア”と入っていればシベリアで労働している方は読んでくれるかな、なんて下心があったことも隠さないでおきますね。

 

『さらばシベリア鉄道』については歌詞全文を載せて紹介しています。

 

***

 

「80年代のキング・オブ・ポップは“大瀧詠一”です」って、誰かが言ってました。誰が言ったのかは忘れました。不確かです。ただこれだけは間違いない。

 

大滝詠一さんは100万回聴いても飽きない。」

 

私世代(昭和63年生まれ)が高校生から大学生くらいの頃に信頼していた音楽バイブルは“SNOOZER”です。当時は厨二病全盛なんで、例に盛れず『ROCKIN‘ON JAPAN』とか『ROCKIN’ON』のように見るからにメジャーな王には目もくれず、ただただ斜めに見たい一心で“SNOOZER”を愛読していました(SNOOZERの編集長さんは元ROCHIN’ONの副編集長さんらしいけども……)。

 

大滝詠一さんを知ったのもSNOOZERがきっかけです。『A LONG VACATION』がプッシュされてて。発売は1981年らしいすね。もちろん私世代は生まれとりません。その時代を生きていた人にとっては、私世代にとっての『First Love』みたいなもんでしょうか。誰もが知ってて当たり前の、国民的ヒットアルバム。そういう位置づけですか。

 

f:id:tomoshido:20170525133447j:plain

「『A LONG VACATION(以下急にめんどくさいので:ロンバケ)』ってどれくらい売れたの?1000万枚?」と思って調べてみたところ、1981年に発売後、1991年、2001年、2011年と10年ごとにリマスター版が発売されていたことを知りました。30年経っても色あせない、また聴きたいと思うアルバムだとわかりますね。まさにその通りですし。

 

あと非常に大事なことなので触れておきますが、大滝詠一さんのほとんどの曲の歌詞を『松本隆さん』という方が担当しており、また彼は『風の谷のナウシカ』の作詞者でもあるので大御所の作詞家に見えそう(大御所の作詞家でもあるの)ですが、彼は『はっぴいえんど』のメンバーです。

 

はっぴいえんど』は後にYMOのメンバーになる何でも屋ボーカルの細野晴臣さん、後に奇跡のヒットメイカーと言われたギターボーカルの大滝詠一さん、後にキャラメル・ママティン・パン・アレー)のメンバーでギターの鈴木茂さん、そしてドラムで楽曲の作詞担当の松本隆さんで結成されたバンド。

www.youtube.com

そして、『はっぴいえんど』は解散後、細野晴臣さんは鈴木茂さんと、大滝詠一さんは松本隆さんと活動を共にしています。

 

松本隆さんが大滝詠一さんの楽曲の作詞のほとんどを担当していたことを思えば、『はっぴいえんど』がなければ大滝詠一さんの大ヒットはなかったかもしれない、と言えるでしょう。

 

ただ一応補足すると、不仲が原因で『はっぴいえんど』が分裂したわけではないと思われます。松本隆さんはYMOの代表曲『君に、胸キュン』の作詞者でもあるからです。

 

www.youtube.com

 

↑信じられますか。1983年ですよ。

 

いかに『はっぴいえんど』がモンスターバンドだったのかが伝わったでしょうか。私のiTunesには『はっぴいえんど』も『キャラメル・ママ』も『ティン・パン・アレー』も細野晴臣さんのソロも入っています。ぜひ聴いてみてください。若い人には『ティン・パン・アレー』が聴きやすいかな、と思います。

 

さて、大滝詠一さんに話を戻します。

 

ロンバケ』の一曲目、

 

「く~ちびる~つんと~とがら~せて~♪」

 

でお馴染みのあの曲のタイトルは『君は天然色』。曲はじわじわと始まり、「何がくるのか?」と思っているといきなり「く~ちびる~」が来る。

 

さながら「あれ、なんか後ろ姿がイイ感じ……」と思っていた女の子が急に振り返って「想像の100倍くらい可愛かったとき」のような。

 

「なんかイイ感じ」と思う理由は『ロンバケ』のジャケと『君は天然色』というタイトル。

 

『天然色』なんて言われると困ってしまいます。

 

興味しか湧かないですから。

 

『ルビー色』よりも美しく、『小麦色』よりも温かみがある。

 

「きっと天然色の君は素直さに満ちた美しい笑顔と純真無垢なアイデンティティを持っているんだろうなぁ」と想像してしまう。

 

聴かないわけにはいかないじゃないか!

 

と思っていると、「く~ちび(ry」と来るのである。

 

振り向かれた瞬間である。

 

心を奪われる瞬間である。

 

詳細な歌詞にも触れておきましょうか。

 

 

唇ツンと尖らせて、何かたくらむ表情は

別れの気配をポケットに隠していたから

机の端のポラロイド写真に話しかけてたら

過ぎ去った過去 しゃくだけど 今より眩しい

(歌詞ここまで)

 

色を失ってしまっていたことに気付く

 

懐かしさを感じながら

 

もう一度、取り戻したいと願う

 

でもきっとそれは無理なんだ、

 

だけど願ってしまうのは、

 

「はなやいで うるわしの カラーガール」

 

大滝詠一さんのキャッチ―なメロディ、凄まじいグルーブ感を歌詞に乗せる歌唱力を引き立てているのは、「たまらなく美しい言葉」です。

 

うるわしのカラーガールが振り向いてくれたような曲は、じつは色を失って天然色になってなってしまった想い人へ向けた曲だったのです。

 

君は天然色、Velbet Motel、カナリア諸島にて、と続く(動画がないのでぜひアルバムを手に取って聴いてみてください。アルバムの流れで聴いたほうがいいですし)名曲の流れ。

 

この3曲はロンバケの枠にとらわれず、大滝詠一さんの代表曲であることは間違いない。

 

しかし、ロンバケはその後落ち着きます。

 

「いい曲だけどな、最初の3曲に比べたら……」と思いながら最後まで聴き続けると、

 

『さらばシベリア鉄道』と出会えます。

www.youtube.com

↑原曲動画がないので……。多くは語れませんが、ひとこと言えるのは、「絶対に原曲で聴いたほうがいい……」ということ。何から何まで格がちがいますよ。

 

私個人としては、『さらばシベリア鉄道』が一番の名曲だと思っています。

 

まず歌詞全文

 

 

 

かなしみの裏側に 何があるの?

涙さえも凍り付く 白い氷原

誰でも心に冬を 隠してると言うけど

あなた以上 冷ややかな人はいない

君の手紙読み終えて切手を見た

スタンプにはロシア語の小さな文字

ひとりで決めた別れを

責める言葉捜して 不意に北の空を追う

 

伝えておくれ

十二月の旅人よ

いついつまでも待っていると…①

 

この線路の向こうに 何があるの?

雪に迷うトナカイの かなしい瞳

答えを出さない人に

ついてゆくのに疲れて

行先さえない明日に飛び乗ったの

ぼくは照れて愛という言葉が言えず

君は近視まなざしを読み取れない

疑うことを覚えて

人は生きてゆくなら

不意に愛の意味を知る

 

①を2回繰り返し

 

 

 

以下、妄言。

 

 

タイトルは『さらばシベリア鉄道』。

 

普通に考えれば、『シベリア鉄道から去る人』を思うはず。

 

しかし、じつは違う。

 

何も言わずにシベリアに行ってしまった想い人の歌なのだ。

 

「あなた以上冷ややかな人はいない」

 

と、シベリアの地で想い人は思う。

 

氷点下の世界で、「なんだ、ここのほうが生きやすい」と。

 

思ってしまったのだ。

 

そして、思わせてしまった男は、

 

「北の空を追う」ことしかできない。

 

伝えるべき言葉を、

 

何一つ伝えることなく。

 

愛の意味を知る、。

 

男にはありがちなこと。

 

「わかってくれているだろう」

 

そうじゃない。

 

「言ってくれたことがすべて」

 

であり、

 

「動いてくれることがすべて」

 

なのだ。

 

男の中にある“甘え”を、女は決して許さない。

 

もちろんすれはすべてではない。

 

たったひとつだけ。

 

「私に対する甘え」を許さないのだ。

 

その他に対する甘えなら、すべて包容する覚悟が女にはあった。

 

だから、許せなかったのだろう。

 

シベリアに行ってまで、突きつけてやりたいと思った。

 

だから、

 

ほんのささいな紙切れひとつに、

 

真実を込めて、

 

シベリアから、手紙を送ったのだ。

 

だがしかし、

 

男は待つことしかできない。

 

いつまでも待っている、と、

 

いるはずのない旅人に伝言を頼む

 

なぜなら12月の旅人は、

 

けっしてシベリアには行かないからだ。

 

届けてもいけない想い。

 

動くことのできない自分。

 

男はきっと、

 

自分を「情けない」と思いたくないのだ。

 

だから、

 

「疑うことを覚えて人は生きていくなら」

 

と女のせいにする。

 

情けない自分を認めないために。

 

 

妄言、ここまで。

 

 

 

大滝詠一さんの圧倒的な歌唱力と、細部まで作りこまれた楽曲が引き立てるどうしようもない「情けなさ」。

 

それが『さらばシベリア鉄道』です。

 

寒さとは残酷なものです。

 

命の火を消さないために、我々生物は「生きる道」を探します。

 

私が熊や蛙なら土の中に潜りますし、魚なら温かい地方に移住します。

 

絶対的な寒さは、「生きる」ということを突き付けてくるから残酷なのです。

 

ティー・エム・レボリューションなら「よっせい!溶かしてやるからおるおっけーい!」と言いそうだが、それだけの熱量がほとんどの男にはない。

 

「情けない自分」に気付きつつも、目を背けてしまう。

 

そうあるべきではないと、『さらばシベリア鉄道』が教えてくれています。

 

いついつ…い、つまでも待っているなんて、言わないように。

 

***

 

 

大滝詠一さんの声はとてもズルい。

 

どうあっても耳に残ります。

 

だからこそ、歌詞が非常に大きな意味を持っているように思います。

 

大滝詠一さんの魅力を最大限に引き立てているのは間違いなく松本隆さんです。

 

美しい歌詞が歌声にのって攻め立ててくる感覚。

 

その類の衝撃は、『はっぴいえんど』にはありません。

 

それは大滝詠一さんがとんでもないシンガーであることを証明しています。

 

女房役によって、大滝詠一という男は光り輝いたのでしょう。

 

そしてその縁を結んだのは、他ならぬ細野晴臣さんであることも忘れてはいけません。

 

「ありがとう」の気持ちを込めて、「かくれんぼ」を聴きましょう。

 

fin.

 

 

 

 

世界で一番面白い娯楽もスポーツも「競馬」です。

f:id:tomoshido:20170524234423j:plain

※競馬の楽しみかたについて書いています

 

 

出会いは1998111日。

 

秋の天皇賞に出走する彼の名前は「サイレンススズカ」。

 

スターターの号令と共に駆け出した栗毛の彼は、その他すべてのサラブレッドとは次元が違った。

 

1000mの通過タイムは57秒。

 

後にわかったことだが、2000mを走る馬の標準的な通過タイムは5960秒程度なので2秒程度早いタイムで、後続を10馬身以上引き離しての逃げ。

 

そして迎えた第3コーナー・・・。

 

「沈黙の日曜日」

 

20年近くたった今も、競馬ファンの間では忘れられない言葉である。

 

恐るべきスピードで疾駆していた彼は、止まった。

 

「・・・。」

 

一緒に観戦していた父親は絶句していた。

 

「このすごい馬、どうしちゃったの!?」

 

父親は、重い口をあけて、言った。

 

「助からないだろうな。」

 

これが競馬のすべてである。

 

www.youtube.com

↑とてもわかりやすい動画です

 

***

 

私にとっては衝撃的な事実だった。

 

サイレンススズカは、レースから数日後にはもうこの世にいなくなっていたのである。

 

後に知ったことだが、サイレンススズカは後に世界のトップと渡り合う活躍をしたエルコンドルパサー、破竹の勢いで快進撃を続けていたグラスワンダーを前哨戦(毎日王冠)で子供扱いして圧勝。

 

断然の1番人気を背負っての出走だった。

 

競馬は”ブラッドスポーツ”と言われるほど、”有能な馬の遺伝子”が重宝される。

 

競馬の世界では常識だが、レース中の骨折は、命に関わる問題(四肢が健康な状態でないと500キロほどの肉体を支えることができず、負担がかかった脚が壊死してしまうため)。

 

競馬関係者の思いはひとつ。

 

「なんとか、彼の命を助けてくれ・・・。」

 

しかし無情にも、その願いは叶わなかった。

 

サラブレッドの進化の歴史に、革命を起こせるはずの名馬。

 

なんとも悲しい出来事だった。

 

***

 

【血統を楽しむということ】

 

暗い話ばかりになってしまいすみません。

 

ここからは控えめにして、競馬の面白さについて書き進めていきたい。

 

前述したように、競馬はブラッドスポーツと言われている。

 

それだけ「血統」が重要になるということである。

 

たとえば前述した天皇賞で2着になったステイゴールドで言えば、歴史的な名馬である”オルフェーブル”の父であり、メジロマックイーンというこれまた名馬との「血統的な相性」が良く、父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという血統の活躍馬が非常に多い(ドリームジャーニーゴールドシップなど)。

 

とはいえ「この血統だから必ず強い馬ができる」ということはなく、逆に「血統が悪くても爆発的に強い馬ができる」ということもある。

 

たとえば有名なところではオグリキャップの血統はお世辞にも良いとは言えないが、彼は歴史的な名馬になった。

 

「競馬はロマン」

 

と言われる所以はそこにあり、誰も予想しないようなところにダイヤの原石が埋まっていることもある。

 

また「競馬はドラマ」ともいわれる。

 

たとえばテンポイントという名馬の母のワカクモは、伝染病の疑いがあるとされ、殺処分されることになったところで九死に一生を得て、名馬を産んだ。

 

1頭1頭に各々のドラマがあり、活躍することで脚光を浴びる。

 

そういったドラマを楽しみたい人には、『優駿の門』という漫画がオススメ。

 

馬のことだけでなく人間模様も高いリアリティをもって描写されており、多くの感動を得られると思う。

 

ちなみに私は(たしか)7巻で死ぬアルフィーという馬を涙なしには見れない。

 

彼は騎手の夢を背負い、死んだ。

 

その姿が、武豊さんの命を守ろうとしたサイレンススズカに似ていたからである。

 

骨折して転倒する馬は少なくない。

 

最近で言えば、ザタイキという強い馬は骨折し、前転をするような恰好で転倒した。

 

そのときの鞍上も武豊さん。

 

休憩時間に帰宅してテレビで観ていた私は、バイト先の店長に「武豊が死んじゃうかもしれない……」と声を震わせて言った。

 

冗談ではなく、競馬の騎手にはその可能性がある。

 

落馬が原因で実際に亡くなってしまった騎手もいる。

 

現役騎手の福永祐一さんのお父さんの福永洋一さんは、落馬が原因で半身不随になった。

 

福永洋一さんは天才と言われた名ジョッキー。

 

福永騎手の話はNHKでノンフィクションドラマになっていたので、知っている方もいらっしゃるかもしれない。

 

今週、福永騎手はダービーでカデナという馬に騎乗するので、ぜひ応援してください。

 

話を戻すと、競馬には人と馬が絡むドラマがある。

 

ノンフィクションのリアルな話が知りたいという方は、「優駿たちの蹄跡」という漫画がオススメ。

 

前述したオグリキャップとしのぎを削ったタマモクロスという名馬が大きなレースで勝つまでの間に生産牧場が倒産した話や、若くして亡くなった三冠馬ナリタブライアンの可愛すぎるエピソードなど、馬に興味がある方や馬が好きな方にとっては見どころ満載。

 

ぜひ読んでみてください。

 

***

 

【馬券を楽しむということ】

 

競馬はギャンブルである。

 

先に言うと、競馬で長期的にお金を増やすことは非常に難しい。

 

その最大の理由は、馬券の配当控除率にある。

 

馬券の種類によって異なるが、馬券の総売り上げのおよそ30%は胴元の取り分となる。

 

簡単に言うと、100円かった場合の期待値が70円ということだ。

 

それをスロットに置き換えると、設定1でも100円あたりの期待値が96円。

 

いかに馬券で勝つのが難しいかが伝わると思う(競馬で勝つ方法がないわけではないが、それについては本記事の趣旨に合わないので割愛させていただく。知りたい方は個人的に聞いて来てください)。

 

いきなり夢のない話をしてしまったが、馬券は非常に面白い。

 

「予想すること自体」が最高に面白いからだ。

 

もちろん馬券を握りしめてレースを見ることも面白いが、一瞬で終わってしまう。

 

日本で最も時間の長いレースは、4000メートルを超える中山大障害という柵などをとび越えつつ走る障害レースだが、それでも4分半ほどでレースが終わる。

 

一瞬だ。

 

しかし、予想する時間には上限がない。

 

本気で馬券を当てに行くならば、1レースあたり10時間ほどかけて予想する人も少なくないだろう。

 

加えて、競馬の予想に必要なファクターは非常に多いので、予想の仕方も様々。

 

私の個人的な見解によると、近年の競馬は「馬場状態」が結果の8割を占めると思っているが、その他にも騎手、馬の調子、大人の事情、距離適性、コース適正などがある。

 

それらを加味して、「これだ!」という解答を出すのだ。

 

ほら、超楽しい。

 

と、簡単に言ってもほとんど伝わらないと思うので、私ならこう予想するよ、というものを紹介させていただきたい。

 

まず競馬新聞かネットケイバというサイトで出走馬の近走の結果を軽くチェック。

 

ただここで深く見すぎると頭の中に固定観念ができてしまうので注意。

 

その状態で、馬場状態をチェック(雨を含んでいるのか、どのくらいのペースでどのあたりにいた馬が上位に来ているのかなど)。

 

その後、改めて出走馬の近走の成績をチェック。

 

もうここで予想の9割方が終了。

 

その後、パドックをチェック(過度に興奮していたり、大量の汗をかいているなどの原点材料を探す)。

 

問題がなければ、そのまま購入。

 

あとは馬券を握りしめて、応援するのみ。

 

そんな感じで予想する。

 

場合によっては、出走馬全頭の過去のレースを見たりもするが、そこまですることはほとんどない。

 

楽しめればそれでいいと思っているので。

 

馬券の予想をする人にはデータ派の人もいて、血統や前哨戦のレース結果などのデータをもとに予想する人もいるが、私は一切気にしない。

 

過去の結果を参考にして、今を予想できるわけないと思っているからだ。

 

ちょっと話すと、馬券には確率の落とし穴が多々ある。

 

たとえば、18頭の馬が出走すれば、勝つ馬は1頭。

 

確立にして1/18だ。5%以下。

 

つまり、マイナスポイントのデータを見ても、それは95%の確率で外れるもののデータだということだ。

 

複勝という馬券で3着以内に入れば的中という場合でも、3/18。1/6。17%くらい。残りは83%。当てになるはずもない。

 

なので、データではよほどのプラスポイントとなるもの以外は、無視したほうがいいと私は思っている。

 

そもそも馬券検討はそんなに難しく考えなくてもいい。

 

名前が可愛いとか、歩いてる姿がかっこいいとか、好きな騎手が乗るとか、そんなんで十分。

 

それだけでも十分に買う理由になる。

 

だって、応援するときに楽しいから。

 

レースを見ながら叫ぶことも、競馬の醍醐味のひとつ。

 

「私の応援する馬が、1着になった。」

 

という感動を味わいたいでしょう。馬券を買うなら。

 

なので、レース中は熱くなる。

 

それが競馬のギャンブルたる所以である。

 

結局、馬券は勝たないと面白くない。

 

だから私は、今ではそれほど馬券には熱中しないようにしている。

 

見ているだけでも十分楽しいので。

 

***

 

【乗馬をしてみるということ】

 

私は馬に乗るためだけに牧場に行ったことがある。

 

サラブレッドではなくばん馬(1トン級の馬)だったが、ものすごく興奮した。

 

まず目線が非常に高い。

 

歩くだけでもものすごく怖いのだ。

 

そして馬のかっこよさ。

 

超絶ヤバい。

 

超絶楽しい。

 

馬のことが好きになったら、乗馬にチャレンジしてみるのもありだと思う。

 

***

 

【騎手を応援するということ】

 

競馬の騎手は完全にアスリートである。

 

しかし、たとえば今も第一線で活躍している武豊騎手は47歳だし、大井の帝王と呼ばれる的場文男騎手はもう還暦を過ぎているがまだまだ現役といったように、選手寿命が非常に長い。

 

そのため、好きな騎手を見つけて、ファンになって応援するというのも面白い。

 

ちなみに私は、古くは現役を引退してしまったが佐藤哲三騎手や亡くなった後藤浩輝騎手、現役騎手では浜中騎手が同い年なので応援していたり、個人的に上手いと思っている松山騎手(皐月賞制覇おめでとう!)などが好き。

 

馬上でカッコよくアスリートしている騎手を見るのも十分に楽しいと思う。

 

イケメン好きなお姉さんは「石橋脩騎手」や「川田将雅騎手」などがいいのではとオススメしておく。

 

***

 

慌てて書きなぐってしまった。

 

競馬の面白さを伝えられているのか心配である。

 

もし少しでも競馬というものに興味を抱いてくれた方は、どうか遠慮なくTwitterなどでなんでも聞いてください。

 

答えられる範囲で、話させていただきます。

 

また競馬が好きな方は、過去のレースなどについて語り合いましょう。

 

よろしくお願いします。