ほわっとあいth.

切り取り線が斜めの妄想的なブログ

【パリ旅行vol.2】エッフェル塔~モンサンミッシェル【大理石にわふん♡】

「ヒイイイイイ!(心の声)」

 

 

こんにちは、ともしどです。

 

フランスを出るときには「フランスはお腹いっぱいかな」なんて思っていたけど、もうすでにめっちゃフランス行きたい。

 

ていうか、もうすでにモンサンミッシェル行きたい。

 

モンサンミッシェルは、国のはずれのほうにそびえたつ修道院

 

パワースポット的な魅力もありつつ、なんらかのヤバめの事情を経て建てられた建造物。

 

ドキドキしてムラムラしてきますよね?

 

でも、フランスに行く金はもうどこにもないので思い出を振り返るだけにしておきますわ。貧乏ってつらい。金もあっても仕事も調整できるデキる大人は明日モンサンミッシェル行ってきてください。

 

あぁ~、モンサンミッシェル行きてぇ~石油掘り当ててぇ~。

 

 

§4日目

 

セーヌ川のクルージングを予定していて、まさにブルジョワみたいな気分を満喫できるんじゃないかと楽しみにしていた日。

 

セーヌ川のまわりにはエッフェル塔ノートルダム大聖堂があるようで、フランスっぽい建物もぎょうさんある。

 

せめて一日くらい、「人がごみのようだ」ではなく「文化遺産は宝である」と思って優雅な気持ちになったっていいじゃない。

 

そんなわけでwktkしながら乗船口があるエッフェル塔付近に向かう。

f:id:tomoshido:20171016222515j:plain

お嬢ちゃん~、パンツ見えてまっせ~。

 

鉄骨? だけで作ってあんのかな、すべて同じ素材の部品でできていると思うくらい、やたらと統一感があります。

 

なんか、ネジ? あ、ちがうか、歯車? みたいなやつがまわってエスカレーターだかエレベーターだかが動いているかんじで、何がどうなってそうなっているのかまったくわからない。

 

f:id:tomoshido:20171016222453j:plain

遠くから見るとこんなかんじ。

 

写真とかでよく見るのと同じですね。そりゃそうか。

 

エッフェル塔の手前には広い公園があって、平日だというのに現地の家族や若者、観光客がたくさんいてほのぼのとした雰囲気。

 

「あぁ、フランスにもこういう井の頭公園みたいな素敵スポットがあるんだなぁ」なんて思っていたら、

 

カシャン

 

カシャンカシャン

 

と、坊主が金物の杖をもって歩いているときみたいな音が聞こえた。

 

「フランスにも坊主がいるのか」と思って目をやると、そこにはエッフェル塔のグッズみたいなものを何十個も金物の棒みたいなやつにぶらさげて歩いている人が。

 

「うわぁ……(心の声)」

 

と気持ちが激しく減退し、目を合わせたらイカン、目を合わせたら終わりやと思いながらススっと通りすぎる。

 

「ほんとこういうの苦手」

 

と思っていると、そこからエッフェル塔までに少なくとも7人くらい同じような人が。

 

「最悪や」

 

見事にみんな同じような格好で、同じようなものを同じように持っていて、途中からちょっと面白くなってきたけど迷惑は迷惑。

 

でもまぁ、その人たちはぜんぜんしつこくなくて、あからさまに「いらねぇよ」という顔をして通り過ぎるとそれ以上は追いかけてこないから別にいいんですけどっ。

 

余談ですが、ナイトツアーみたいなやつに行ったときに添乗員さんが「エッフェル塔のグッズ持って近づいてくる人がいますが、危ない人じゃないので心配しないでください!」と半笑いで言っていたので、たぶん本当に危なくはないんだと思います。

 

超ウザいっすけどね。

 

てなわけでエッフェル塔を通り過ぎ、いざ乗船口に向かおうとしたら、

 

軍服に(たぶん)サブマシンガン

 

という出で立ちの軍人がいっぱい。

 

ナニコレ、マジコワインスケド。

 

テロを警戒しているんでしょうね。

 

日本で暮らしていると目にすることがない光景です。

 

世界ではしっかりとテロの脅威を感じていて、世界ではいつどんな危ないことが起こってもおかしくなくて、世界では日本とは比べ物にならないくらい目に見えるものだけが真実なんだな、と思いました。

 

平和にボケるのは、よくないなぁ。

 

と反省しましたねぇ。日本にいたらぜったいにこういう気持ちになることはないからなぁ。

 

海外に行くことはとても意義深いなぁ、と思う一方、ちんちんが縮こまって寿命と精力が減退するのはイヤだなぁ、とも思いましたね。えぇ。

 

まあいいか、こういう話は。

f:id:tomoshido:20171016222541j:plain

こんなかんじの超ヨーロッパなデザインの船がいっぱい。なんだろう、紅茶とクッキーが頭に浮かぶこのかんじ。オシャンティ~。

 

f:id:tomoshido:20171016222604j:plain

こういう建物が無限にある。どれが何だか、説明してもらわないとだいたいの建物は何なのかわからない。

 

f:id:tomoshido:20171016222624j:plain

きれいだから、という理由だけでパシャ。

 

f:id:tomoshido:20171016222646j:plain

こちらも。どこ歩いていても美人がいるよ! ってくらい美しい建物がいっぱい。建物フェチの人とかはたまらないんだろうなぁ。

 

セーヌ川クルーズはけっこうあっという間に終わってしまい、あいにくの天気だったのでとにかく寒かった。

 

天気はどうすることもできないとはいえ、クルージングはいい天気じゃないと良さが半減しちゃうな、というのが正直なところ。

 

この日以外はだいたい晴れたからよかったですが、雨の多い10月シーズンにパリに行くのは大きな賭けっスねぇ~。

 

その賭けにはわりと勝てた気がしますが。

 

f:id:tomoshido:20171016222712j:plain

曇天の凱旋門

 

f:id:tomoshido:20171016222734j:plain

凱旋門のまわりにはいつも大量の車でわんさかしているらしく、車線がない。

 

右にいる車を前に入れてあげなければならないらしいですが、そんな甘っちょろい運転手はそうそういない模様。

 

日本も優しい運転手は少ない印象だけど、フランスはもっとヤバいかも?

 

f:id:tomoshido:20171016222755j:plain

ついでに早朝の凱旋門も。これはモンサンミッシェルの日の朝にとったやつ。10月のパリは朝8時半くらいまでふつうに暗いんです~。

 

凱旋門からルーブル美術館のほうに向かって伸びる大通りはかの有名な“シャンゼリゼ大通り”。

 

私でも知っているくらいメジャー大通りなので「せっかくだから」と思いながら歩いてみましたが、まぁ、オペラ通りとあんまり変わりませんでした。

 

世界中の有名ブランドのお店がずらあああっと立ち並んではいますが、こちとら貧乏20代なんで。

 

無縁っすわ。

 

シャンゼリゼ大通りはアベニューなのか、きれいな木が立ち並んでいるので、そこがオペラ通りとちがうところっすかね。

 

シャンゼリゼ大通りは車がたくさん走っていて、お店がいっぱい並んでいるので「荻窪っぽいわ~」と思いました。超荻窪っぽい。ラーメン屋は見当たらなかったけど。(シャンゼリゼ大通りの写真が1枚もなかったから、あんまり興味がわかなかったんだろうな)

 

あと、きれいなレストランはあんまりなくて、フランス料理ってどこで食べたらいいの? と疑問でしたが、カフェはいたるところにありましたね。

 

パリのお店はだいたいオシャレ。

 

あともう1個気になることがあって、なぜかお店の外にテーブルが多く並んでいて、道路に面して座っている人がめちゃくちゃ多い。

 

ぜったい食べにくいじゃんと思うんですが、お店の中がスッカスカでもお外の席はだいたい埋まってるんですよね。

 

謎でした。めっちゃ寒いのに。

 

フランスの文化のひとつなんすかね?

 

 

§5日目

 

一番楽しみにしていたモンサンミッシェルに行く日ということで、前日は早めに就寝、歩いて10分のところに集合場所がある(7時半くらいに集合だったと思います)のに5時起床。

 

「は~や~く~! は~や~く~!」

 

と無邪気にはしゃぎました。

 

f:id:tomoshido:20171016222813j:plain

バスからの景色。ライジングサン~!!!

 

パリからノルマンディー地方にあるモンサンミッシェルまでの距離は350キロ。

 

日本でいうと東京~名古屋または東京~仙台くらいっすかね。

 

車でおよそ4時間半。

 

めっちゃ遠いっす。

 

とはいえ、モンサンミッシェルにはその苦労を超えてでも行く価値があると思います。

 

f:id:tomoshido:20171016222837j:plain

モンサンミッシェルへの道中、なんちゃら村(忘れました。べべ村とかビビ村とかそんなかんじだったような気がしますが、ぜったいにちがうと思います)に立ち寄りました。

 

お菓子のお家みたいな建物が並んでいて、超かわいい。

 

雑貨屋さんとかもちょいちょいあって、日本人観光客もよく来るんだろうなぁ、ってかんじ。

 

このあたりの村には牧場があるところが多いらしく、競走馬の生産もされているんだとか。

 

バスの添乗員さんが「ここらのフランス人に声をかけてお嫁さんになれたら、きっと幸せになれますよ」と言っていましたよ。

 

お金持ちだし、ノルマンディー地方の人には我慢強くて優しい人が多いからだそうです。

 

たまたまかもしれませんがパリに来ている観光客には若い女性だけの二人組やグループが非常に多かったので、気を利かせて(?)言ったのかもね。

 

f:id:tomoshido:20171016222909j:plain

そんなこんなでモンサンミッシェルの手前の場所に到着。

 

道中、添乗員さんが言っていた「世界一のリンゴのお酒」をソーダで割ったやつをボトル一気。

 

アルコール度数は3%で、ぐびぐび飲んでもほとんど酔わないので酒が苦手な私もグイグイいきました。

 

味は、超おいしいアップルタイザーってかんじ。

 

色がオシャレだし、日本の女性は好きそうね。

 

f:id:tomoshido:20171016222258j:plain

これが、モンサンミッシェルのおばちゃんが作っていて流行ったというオムレット。

 

そとはオムレツ、中はメレンゲみたいな食べ物っすね~。

 

1回だけ行ったバーで同じようなものを食べたことがあったけど、まぁ、こっちのほうがおいしかったです、えぇ。

 

f:id:tomoshido:20171016222931j:plain

どどん。モンサンミッシェルであります。

 

レストランとかホテルとかがあるところからモンサンミッシェルまで歩くと、だいたい30分くらいかかります。

 

でも「こんなにいい天気のモンサンミッシェルは奇跡」みたいなことを添乗員さんが言うもんだし、私も熱烈に楽しみにしていたこともあって、「せっかくだし……」と言いながら歩きました。

 

これ、歩いて正解でしたね。

 

モンサンミッシェルは本当に空気がきれいで、パリではもろもろの犯罪に気を付けてるからなかなかにストレスを感じますが、それがまったくない。

 

時間がゆったりと、ほのぼのと、流れます。

 

それは日本にいるときに思い描いていたヨーロッパのイメージに近くて、とても心地よいですよ。

 

「せっかくだし、歩いてみよっかな」って、思いましょう。

 

f:id:tomoshido:20171016223001j:plain

どど~ん。でっかいでしょ~♪

 

だんだんと大きくなっていくモンサンミッシェルを見ていたら、30分なんてあっという間。

 

景色がほとんど変わらなくたって、心地よい空気をゆったりと吸える時間だと思えば、むしろもうちょっと欲しいくらい。

 

f:id:tomoshido:20171016223036j:plain

モンサンミッシェルの内部。上に見えるのが修道院。遠すぎない?

 

階段は全部で400段くらいあるそうで、けっこう大変そうに思うでしょうが、楽しさが疲労感を上回るのでまったく疲れませんでした。

 

f:id:tomoshido:20171016223110j:plain

道中からの景色。中腹あたりでも、なかなかすごい。

 

f:id:tomoshido:20171016223143j:plain

洋画とかでたまに見かけるお墓のかんじ。パワースポットかも?

 

修道院の中に入って最初にあるトイレは、なんと大理石。

 

大理石の壁に水が流れていて、そこに向かって用を足します。

 

大理石の壁にかけるなんて、なんたる贅沢。

 

ドキドキしました~。

 

男子諸君はぜったいに入ったほうがいいと思いますよ。

 

f:id:tomoshido:20171016222343j:plain

階段で息切れ。シャバ僧化します。

 

f:id:tomoshido:20171016222421j:plain

地平線。高いところはキライですが、これはいい。

 

f:id:tomoshido:20171016223207j:plain

天才が作った感じのデザイン性の高い人型っぽい作り物の真似をするお嫁さん。なんでこの人こんなに面白いの? 天才かよ。

 

f:id:tomoshido:20171016223233j:plain

修道院の中はだいたいこんなかんじ。ステンドガラス? から差し込む光を見ていると、天が微笑んでくれているような気分になります。

 

神様はすべての人の心にきっといて、良いことがあったり、嬉しいことがあったり、美しいものを見たりするとそっと顔をのぞかせてくれるのかも。

 

f:id:tomoshido:20171016223302j:plain

お美しゅう。

 

この空間では、どんな悪事も隠してはおられまい。

 

f:id:tomoshido:20171016223325j:plain

お気に入りの1枚。

 

f:id:tomoshido:20171016222226j:plain

お昼頃には観光客の数がまだあまり多くなくて、修道院の中で遊びながら写真を撮ることもできました。

 

3時頃になると人の数が3倍くらいになっていたので、お昼までに修道院に入ったほうがいいと思いますよ~。

 

とまぁ、モンサンミッシェルはこんなかんじ。

 

モンサンミッシェルオリジナルのお土産は、他の観光地のお土産よりも(私的には)センスが良くて、しかもパリよりも価格が安いです。良心的。

 

修道院の中をぐるっとまわって建物を見て楽しむだけなのですが、個人的には、ヴェルサイユ宮殿よりも、ルーブル美術館よりも、良かったと思います。

 

しっかりと訓練されたウェイターさんが笑顔で「コンニチハ」と言ってくれるレストラン、美味しいお酒、ほのぼのとした空気を楽しむ道、階段。

 

そして、美しく、神秘的な修道院

 

「帰りも歩いちゃおっか」って、自然と言える心地よさ、楽しさがあるのがモンサンミッシェルです。

 

帰りはバスが混んでたというのもありますが、また30分歩いて集合場所へ。

 

帰りは夜景を見つつ、ほとんど寝ることなくホテルに戻りました。

 

夜景については、旅行の後半にツアーに参加したときの写真があるので、そのときに。

 

次回は、えっと、なんだっけな、たぶんルーブル美術館とかヴェルサイユ宮殿とか夜景ツアーとかに行ったんだと思います、そのあとベルギーとかマレ地区とかいったから……、vol.5まで、か、はい、お願いします読んでくださいいいいい!!!

 

では、また。

【パリ旅行vol.1】羽田空港~凱旋門賞【いっけ~GOGO♪】

 

旅行者スペック

※パスポートとりたて

※中学でEC通ってた

フラ語はボンジュールとメルシー

※スリが多いらしい

※どうせシャレオツ

 

こんにちは、ともしどです。

 

新婚旅行??でフランスときどきベルギーしてきたので、せっかくなんで旅行記書きたいなって。

 

全体的にビバ楽しかったんですけど、コワイこともなかなかにあったので、赤裸々に??ありのままのフランス旅行をくだらないかんじで書いていこうと思います。

 

 

§1日目

 

f:id:tomoshido:20171009183320j:plain

羽田でうどん。うどんって日本の食い物?

 

フランスまでANAの安全性高そうな飛行機に乗って12時間。

12時間も同じ角度のイスにシートベルトで固定されてると、だんだん自分がモルモットになったんじゃないかって思い始めてきますよね。

磔(はりつけ)の刑に処されてお尻に硬いものを押し付けられ続けるかんじ。

プレイとしては悪くないかなとも思いますが、さすがに12時間は長いっすわ。

 

f:id:tomoshido:20171009183541j:plain

そりゃこんな顔にもなりまっせ。

 

空港に到着すると、いきなり超フランス。

カロンとエクレアを推しているカフェが右にあり、左には屈強な男性、前方にトイレット。

トイレを済ませてわかりやすく迷子になり、イヤイヤしつつも屈強な男性に話しかけ、親切にあれこれ教えてもらったのちに「センキューって言え」的な英語を言われて平謝り。

余裕ないから、許して!ごめん!

 

なんとかかんとか入国審査?にたどり着き、指さし旅行ハンドブックを黙読しつつ「期間のFOR、一緒のWITH……」と頭の中でリフレイン。

頭の中は「こいつらにいちゃもんつけられて裏につれていかれたら身の潔白を証明できる自信がない」でいっぱいなので、けっこう真面目に予習しました。そりゃね、コワイから。

でも、入国審査の人になんも聞かれなかった。

スマホ見ながら談笑してる紳士(ムッシュ?)がヘラヘラしながらハンコ押してくれました。

「いいんかこれで?」と思う一方、「ラッキー☆」ってなかんじで、無事にフランスに入国。(フランス滞在中、こういうことが多々あったので、日本人だから安牌だろ的な何かがあるのかもしれません)

 

空港からホテルまではバス(私は何も調べておらず、お嫁さんがしっかりリサーチしてくれていました)で、クレジットカードでロアシーバス??の切符を購入。

いろいろわかんなくて困っていた観光客の日本人女性が親切に教えてくれました。

日本人の安心感やべ~。

 

バスはすぐに高速道路っぽいところを走りはじめて、「わ~フランスだ~」と思いながら窓の外を眺めていたら、右も左も落書きだらけ。

 

ギャング感ありすぎ☆こわっ☆

 

道端には大量のゴミが捨てられていて、「えらいとこにきてしまった」とまじめに思いました。

 

途中でムーランルージュを見かけたりもしましたが、とりあえず空気がアレで、このへんに迷い込んだらフクロにされてゴミ捨て場にぶん投げられるんだろうなと妄想が膨らみ始め、だんだんげんなり。

 

とはいえパリの中心地らへんに近づくにつれ、街の空気がなんとなくクリーンな感じになって一安心。

 

渡仏する前は「時間があったらムーランルージュに行ってもいいかなぁ」なんて思っていましたが、完全に行く気がなくなりましたね。

 

夜遊びダメ絶対。

 

 

宿泊予定地のオペラは、街並みがめっちゃきれいでいい感じ。

 

後に添乗員さんの話で知りましたが、オペラ座の前の大通りが並木道になっていないのは、オペラ座を作ったガルニエさんの希望を叶えるためだそうです。知らんけど。

 

ホワイトな空気は気持ちをリラックスさせますなぁ。

 

その後調べてわかったことですが、パリの中心部はわりと治安がよく、郊外に向かうにつれて治安が悪くなっていくとネット上に書いてありましたが、それは概ね正しいと感じます。

 

とはいえ夜になるとパリの中心部だろうが危なっかしい雰囲気があったので夜はどこでも気を張っていないとイカンと思います。(特に地下鉄)

 

そして、ちょっと道に迷いつつも程なくして宿泊予定のホテルに到着。

 

四つ星ホテル。

いいね~。

 

f:id:tomoshido:20171009183654j:plain

ホテルの部屋はこんな感じ。おっしゃれ~い。

 

f:id:tomoshido:20171009184022j:plain

パリはオペラの街並み。おっしゃれ~い。

 

初日は疲れ切っていた上に時間も中途半端なので、ホテルの近くにあるなんとなくきれいなお店で食べ物を買い、食べ、だらだらしてから寝て終了。

先がおもいやられるぜ☆

 

 

§2日目

 

早起きしたので、お外で朝食☆にチャレンジ。

 

お嫁さんが調べていたパン屋が近くにあるとのことで、そこに向かいました。

 

f:id:tomoshido:20171009184056j:plain

パリの路上は喫煙OK。めっちゃポイ捨てされていますがポイ捨てはNG

喫煙者にとってはありがたいっすよね~。外ならタバコOK。たぶんどこでも。

 

f:id:tomoshido:20171009184130j:plain

パン屋のイートインのメニュー。フラ語と英語。

フランス語でメニューを見ながら注文するなら、頼みたいものを指さしながら「スシィ、シルブプレ」と言えば伝わります。

店員さんの観光客慣れが半端ないので、どもってなんて言ってるのかわかんないような状態だったとしても、なんとなく空気読んで導いてくれるかんじもありますね。

超助かる。

 

f:id:tomoshido:20171009184202j:plain

盛り付けもオシャレ。すご~い。

飲食店に限らず、お店の中はどこもとにかくきれいでおしゃれ。

パリだな~ってかんじっすね。

 

f:id:tomoshido:20171009184235j:plain

帰りにマカロンも購入。めっちゃ甘い。

日本で食うマカロンと味はほとんど変わりませんが、しいて言うなら甘くてクリームが多いっす。

ひとくちで満足。それ以上はいらない。それが正直なところ。

 

f:id:tomoshido:20171009184302j:plain

デパートのテラスからの眺め。エッフェル!

オペラにはでっかいデパートがたくさんあり、外観も内装もゴージャス。

昔、そごうにクソでかいシャンデリアがありましたが、比較にならないほどやばい。

でも、だからなのかどうかわかりませんが売られているものの値段もはっちゃき。

ちょっとしたもこもこしたパジャマが800ユーロで売られていて、誰が買うねんと思いましたがまあ誰かが買うのでしょう。

値段見ずに買い物してみてぇ~。

 

f:id:tomoshido:20171009184325j:plain

デパートの中。すごすぎかよ。

 

そんなかんじで2日目はホテルの周辺を探索しつつ、ショッピングを楽しんで終了。

 

f:id:tomoshido:20171009184349j:plain

清掃員さんの厚意?チャンネルがNHKに変わっててびっくり。

「うわ、NHKじゃん!」と熱狂しました。

なんでもいいから日本人見ると安心します。

YouTubeの動画で小峠さんのおもしろ動画とかかなり前向きな気持ちで何回か観ましたよ。

パリに限らず外国にいると、そんな気分になりやすいのかもしれませんね~。

 

でもまぁ、この時点ではスリにあいそうになることすらなく、いたって平和。

 

「このまま無事にいくといいなぁ」と願ってやみませんでしたが、まあ、そんなうまくいくはずもありませんかね~。

 

 

§3日目

 

ついに、待ちに待った念願の凱旋門賞

 

競馬に魅せられおよそ20年。

 

凱旋門賞、いつか行けたらいいなぁ」と思っていたら、行けました。

f:id:tomoshido:20171009184407j:plain

雑な感じに置かれたゲート。でもワックワク☆

 

凱旋門賞はツアーに申し込んでおり、詳細には「馬券の買い方などもレクチャーします」って書いてあったらしい(ここでも私は何もしていない)のですが、肝心要の添乗員さんは「ちょっとよくわかりません」みたいな空気でほとんど役に立たず。

 

帰り際に「ボクはしっかり負けました」とマイクで言ったときに全員無反応だったのがおもしろすぎましたね~。

 

ウケる~。

 

でもまぁ、こちとらベテラン馬券師ですよ。

馬券の買い方なんて感覚でなんとかなるっしょ。ノープロブレムさ。

 

 

と思っていたが、簡単には買えず。

 

海外はそんなに甘くなかったんですね~。

 

馬券を買うためのそれっぽい機械はあるものの、マークシートがない。

 

困りながら歩いていたらインフォメーションセンターみたいなところを見つけて、そこに日本語で書かれた馬券の買い方説明書みたいなものとマークシートを発見したからよかったものの、それがなかったらお手上げでしたね。

やっぱ凱旋門賞には日本人がよく来てるんだろな。

対日本人に慣れてるかんじあったし。

 

てなわけで、日本語の親切な説明書を見つつ、レーシングプログラムも見ながら馬券検討。

 

凱旋門賞までに3レースあるけど出走馬のことはまったく知らないので、レープロに書いてあるレーティングっぽい数値を見て予想。

 

2レース目は1頭だけレーティングが130くらいと抜けている(他の馬は120くらい)上に、オブライエン厩舎ということで鉄板だろうと踏んで、しっかりめに単勝を購入。

 

f:id:tomoshido:20171009184456j:plain

当たりました。

 

1レース目は力が拮抗している感じだったので、それっぽい馬と「もしかしてゼニヤッタの子供!?」と思う表記を見つけた馬(ゼニヤッタの子供ではないっぽいです)をちょっと買って外しました。

 

シャンティイ競馬賞はパドックの馬と客の距離が近く、最前列を陣取れば目の前で馬を見れるのが最高でした~。

フラッシュ撮影(してないけど)もたぶんOK。

ヨーロッパではフラッシュに驚くような臆病な馬はそもそも競走馬になれないってなんかの漫画で読んだけど、たぶんそういうことなんでしょうね。

 

凱旋門賞はなんとしても目の前で見たかったので、3レースは軽く観戦して早めにパドックに移動。

 

f:id:tomoshido:20171009184517j:plain

サトノダイヤモンドもばっちり撮影。馬券は2ユーロだけっすけど。さすがに無理。

 

f:id:tomoshido:20171009184537j:plain

最強牝馬エネイブルもばっちり。美しい……。

 

正直、エネイブルだけ馬がちがいましたね~。

たとえるなら、日本のジェンティルドンナをさらに男馬のようにたくましくしたような馬。

 

「これは負けるわけないな」と思いましたね~。

 

でも、単勝オッズが1.8倍しかないのでキングジョージを観て強いことがわかっていたユリシーズとの馬連を厚く購入。

 

結果、1、3着。

 

よくある結果~。

 

2着はシーザスターズの子供。

 

競馬は、やはり連勝している馬は押さえておかないといけないですね。

 

反省。

 

f:id:tomoshido:20171009183915j:plain

返し馬もこの距離で見れます。うきょ~!

 

f:id:tomoshido:20171009183934j:plain

まさに人馬一体。フランキーかっこいい☆

 

f:id:tomoshido:20171009183951j:plain

5じゃダメだ!と叫んでいるシーン。

エネイブルは大方の予想通り圧勝しました。強かった、マジで。

 

f:id:tomoshido:20171009184432j:plain

本館的な建物。向かって中央左に案内所。

 

余談というか豆知識的なアレとしては、凱旋門賞を観に来たことが嬉しすぎて入場後すぐにお土産をあさりに行こうとしましたがみんな考えることは同じで大混雑してるので避けたほうがイイと思います。

 

3レース目の頃にはお土産屋さんにほとんど誰もいない状態になっていたので、お土産をしっかり選びたい方は後回しにしたほうがいいと思いますよ~。

売り切れているものはたぶんなかったと思います

 

混雑しているとスリも怖いですしね。

 

ロンシャン競馬場の改修工事が終わったらシャンティイ凱旋門賞はしばらくなくなるので、ある意味特別な凱旋門賞に来れて幸せだなと思いました。

 

お客さんはけっこうな数いましたが、日本のダービーとかと比較すると全然少ないので、数万人くらいといったところでしょうかね。

 

ゴール前にはさすがに人が密集していましたが、ゴールから200メートル地点くらいまで行けばのんびり見れるかんじで、写真も撮り放題。

 

凱旋門賞は格式高いレースですが、ドレスコードは特にないようなので普通の格好でOKっぽかったです

 

日本人からすると世界で最も価値のあるレースというイメージがあるので私も構えていましたが、気楽なかんじで問題ないと思います~。

 

 

次回は最高に楽しかったモンサンミッシェルまで書く予定なので、できれば次回も。

 

では。

 

寄稿情報

寄稿先一覧

ハウコレ 様

ともしどのプロフィール|ハウコレ

オトナのハウコレ 様

ともしどのプロフィール|オトナのハウコレ

BBQ大学 様

ともしど | BBQ大学

ゴリラクリニックdig 様

ともしど | ゴリラクリニックdig

 

その他(一部)

ココナラ 様

数秘術の本格占いが500円から | ココナラ

ページ最下部 テキスト(他数ページ)

Luz 様

WINE BAR LUZ | 南越谷に大人の隠れ家…

全テキスト

 

 

ライティング等のお仕事のご依頼はこちらよりお願い申し上げます。

coi@tomoshido.com

 

 

 

広告を非表示にする