読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしどブログ

目指せ脱アンドロイド。

そして、冷え切った窓が割れた【おわりに向かってみた】

練習帳

きっと、この道を歩くのはこれが最後だ。

 

いつものホットココアを飲みながら、思い出を噛みしめる。

 

◎今日は、寒いな。

 

白い息を吐きだしたら、オトナの扉を開けたような気がした。

 

◎待ってろよ、バカ野郎。

 

私は独り言のように言い、スマホを手に取った。

 

◎もしもし

 

〇どうした?

 

◎最後の勝負をしよう

 

〇何を言ってんだ?

 

◎うるさい、勝負だって言ってんだろ

 

〇何の?

 

◎お前が決めていい

 

〇いきなりだな

 

◎うるさい、バカ野郎

 

〇ん~、じゃあさ

 

◎決まったか

 

〇俺がひとつ問題を出すから、それに正解したら君の勝ち。もしも間違えたら、俺の勝ちってことで

 

◎なんだよそれ、勝負になんないだろ

 

〇そうかな?まあ、とりあえず行くよ

 

◎おい、ま

 

〇俺が最後に言い残したいことはなんだと思う?

 

◎知るか

 

〇はやいな~。ちょっとは考えてよ

 

◎お前のことなんて、知らない

 

〇それが元カレに対する言葉かね?

 

◎そうだ、何が悪い

 

〇まあ、俺が言えた義理じゃないよな

 

◎うるさい、黙れ

 

〇じゃあ、俺の勝ちってことでいいかな

 

◎だめだ!

 

〇じゃあ、当ててみて

 

白く染まった葉が、冷たいアスファルトに落ちる音がした。

 

◎達者でな

 

〇正解

 

◎なんだ、お前らしいな

 

〇はは、そうだね

 

◎じゃあ、私の勝ちってことだな…、いや待て!一発殴らせろ!

 

〇それは、無理だな

 

◎逃げるのか?

 

〇だってもう、空港だから

 

◎うるさい、逃げるな、今すぐ来いよ!

 

〇ごめんね

 

そして、冷え切った窓が割れた。