読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしどブログ

目指せ脱アンドロイド。

フリーになったら家なき子にもなった男の話【ノンフィクション:数年前】

現実

f:id:tomoshido:20170203035933j:plain

「縁と運を渡り歩いて…って、具体的にどのようなプロセスを経てこられたのでしょうか。もし差し支えないようでしたら教えてください。」とご質問していただいたので、回答します。未経験状態でフリーになってから半年間の出来事をまとめてみました。

 

注:けっしてオススメできる道筋ではありません

「こいつバカだな」と思って、軽く流しましょう!まじめにコツコツと働きながら人脈を築いて、フリーになっても仕事がなくならない状況や、仕事を依頼されるくらいに迫力のある実績をつくってからフリーになったほうがいいと思いますよ。マジで。絶対に。

諦めなければ何とかなる?

人によっては、「やりたいことをやる」ためには、それまでの過去を投げうって、ゼロからのスタートを切らなければならない人もいるはずです。そういう方にとっては、「ちょっとくらい参考になることもあるかも?」とは思います。

「フリーになりたい」と思う期

フリーで出来そうな仕事を探す

とりあえずフリーランスについて調べてみた結果、クラウドソーシング(ネット上でクライアント様とマッチングさせてくれるサイト?)の存在を知りました。サイトには「ライター」、「イラストレーター」、「Webデザイナー」、「コピーライター」などの仕事がずらららららららと並んでいて、「これだけ仕事があるならイケんじゃん!」と思っちゃいましたね(笑)。なんと安易な(笑)。

副業としてやってみる

最初の仕事は、なんと「単価8円」の仕事でした(笑)。検索エンジンでキーワード検索をするだけの仕事です。やったことのあるかたにとっては「ありがちwww」と思うのではないでしょうか(笑)。

仕事を選ばずになんでもやる

「検索系」、「会社名などのネーミングコンペ」、「キャッチフレーズ系」、「ブログ記事系」、「企業サイトのテキストライティング」、「販促系ライティング」、「ホームページ制作」などに応募し、手探り状態でなんでもやりました。

「あざす!なんでもやります!」

ボクから案件に応募するのがほとんどですが、たま~にクライアント様から連絡が来て、「こんな仕事がありますけどどうですか?」といったメッセージが届くこともありました。「あざす!やらせてください!」と思いながらなんでもやりましたね。もちろん狙いもありましたが、初めて触れる仕事がほとんどだったので純粋に楽しかったというのもあります。

当時に考えていたこと

とにかくなんでもやって、クラウドソーシング内での実績をつくることが先決だと思っていました。それなので、できそうな仕事には片っ端から応募して、受かったものはなんでもやりましたよ。もちろん、単価の安さは気にせずに。受注数ランキングで上位にいれば、「目について仕事を依頼してもらえるかも…」と期待する気持ちもありました。

会社やめるってよ

会社やめました。

放浪期(車生活)

放浪する

個人のクライアント様だけでなく法人のクライアント様が増えてきてからは、クラウドソーシングで得られる収入がそれなりに安定してきました。でも、「その安定してきた感」が怖いなと思って。ハングリー精神みたいなものが消失しそうな恐怖を感じたんですね。で、

放浪しました。

まったく馴染みのない地域に行って、家を借りて、生きようと思ったんですね。今にして思えば、世間様をナメすぎだったと思います。ホント、浅はかでした…。

家を借りれない

家賃が3万円くらいのアパートをネットで探し、「ここに住みたいです」したら、普通に断られました(笑)。管理会社さんに「確定申告してます?」と言われ、「いや、今年からフリーなのでまだしたことないです」と答えたら、「アルバイト先はありますか?」と言われ、「ないです」と答えたら、「では審査は通らないと思います」とのことで。当時はまじめにイケると思ってました。

車生活が始まる

もう家を借りれないのは仕方ない。でも、だからといって途中で諦めたくもない。では、どうしたか。

車で生活するようになりました(笑)。

「車を家代わりにすりゃいいんじゃん!動く家!便利だね!」
電気屋さんでシガーソケットから電気を引っ張る機器を買い、それでパソコンを充電しながら仕事をする生活を始めてみました。車を停車しておく場所については、停めていても問題なさそうな場所を考えて、「高速道路のサービスエリア」なら大丈夫だろうと思い、SAを転々としていました。

3万円未払い(苦笑)

そのときにしていた仕事のうちのひとつ(たしか3万円分くらい)が、最終分を納品した途端に連絡が来なくなり、逃げられちゃいました。さすがにショックでしたね(笑)。「向かい風やべぇ…」と逆にテンションが上がったような気もします。やせ我慢ですね。

つらくなってくる

車の中で仕事をして、車の中で寝る。適当なタイミングで銭湯に行き、ガソリンを給油する。その生活を続けていると、体は痛いし、心も痛いんです。それに支出も膨らんでいて、「この生活を長く続けるのは無理だな…」と思い始めました。1か月くらいで。でも、「さすがに次の一手を考えないと」と思っていたところで…。

先輩から電話がくる

「最近どう?頑張ってる?」
「放浪してます。」
「なにそれ(笑)。旅行?」
「いま、ホームレスなんですよね。」
「え、どういうこと?」
「審査に通らなくて、家を貸してもらえないんです。」
「うちの社長がもってるアパートに入れないか聞いてみようか?」
「マジっすか!?」
「うん、でもあんまり期待しないでね~。」
「めっちゃ期待してます!つらいっす!」
といった会話を経て、賃貸アパートに入居させてもらえることになりました。マジで心の底から歓喜したのを今でもよく覚えています。

変な子じゃないと思って。

契約をさせていただくときに、「〇〇くんの友達ならへんな子じゃないと思ってね。」と大家さんは言われました。それまでの経緯を思い返すと普通の子ではなさそうですが…。「へや、めっちゃ掃除しますね!」とわけのわからないことを言ったような気がします。

アパート暮らし期

大学時代のバイト先の店長からの連絡

アパートに入居した翌日に、学生時代にお世話になった店長から電話がきました。要件は、「バイトの子がひとりしかいなくなってしまったので手伝ってください」とのこと。「神なのか…」と思いましたね。社会的信用のなさをカバーするために、アルバイト先があることがどれほど大事なのかを痛感していたので…。

夜帯のお店で働く

昼はそれまで通り主にライティングの仕事(クライアント様の数は5~10)をしつつ、夜はアルバイトスタッフをする生活が始まりました。ひとりで仕事をしていると、お店の店員さんとしか会話をしない期間が当たり前のように1か月くらい続くんですよ。お店で働くことによって人と喋れるというのがありがたかったですね。

某Webメディアのライターに!

ある日、スカウトメッセージが届いて、内容は「男性向けWebメディアのライターを募集している」とのことでした。待遇面がそれまでとは比較にならないほどによく、「チャレンジ」のつもりで応募した結果…。運よくWebメディアのライターになれました。めっっっちゃ嬉しかったです。それまでは、ボクの書いたものにボクのペンネームが載ることがなかったですから…。

さいごに

タイミングが良かった

本エントリーに書かせていただいた内容は、フリーになってから半年間の出来事で、数年前の話になります。今は社会的な状況がちがうので、ボクと同じ手段を取っても、同じような道筋をたどるのは難しいかもしれません。とはいえ、やる気と向上心がもち続けてさえいれば、なんとかなるのではないでしょうか。

すべてはユーザー様とクライアント様のおかげ

ボクはいつも、「読者様、クライアント様、ありがとうございます!」と3回唱えてから原稿を書くようにしています。ボクが原稿を書けるのは、ユーザー様とクライアント様のおかげなので。これからもその気持ちを忘れずにいたいと思っています。

 

長くなってしまいましたが、本エントリーを最後までお読みいただきありがとうございます!