読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしどブログ

目指せ脱アンドロイド。

深酒は翌朝まで居残る

妄想

深酒をした翌朝は、咥内だけが昨日のまま終われていない。そんなことでは、一日の活力が半分以下になってしまうだろう。だが、問題はない。強制的にリセットできる優れものを登場させればよい。

 

そう。

 

モン〇ミンだ。

 

彼は、じつにあっさりしている。「くちゅくちゅ」してから「ぺ」と吐き出して、水で軽くうがいをすれば咥内はすっきり爽快。咥内に残って「おえっ」となったりはしない。買い置きがなくなっていたが、昨夜にコンビニエンスストアで買っておいた。私は酔いにも負けない女。理性を保つ女。ふふ。

 

しかし、どうしたことだろう。

 

今日のモンダミンはいつもとはうってかわって、粘着系だ。咥内に残って、順にのどの奥に迫ってきては、「おえっ」とさせる。さらに、刺激的すぎるきらいもある。ほっぺの内側が痛い。なぜだ。いつもの彼じゃない。何かあったのだろうか。

 

フラれた元カノの存在を思い出し、おセンチな気分になっているのかもしれない。気分が悪くなると精神攻撃をしてくるあたりが、いかにも男らしい。勘弁してくれ。などと思いながら、モン〇ミンを手に取った。

 

そのとき私は、はじめて気付く。

 

こいつはリス〇リンだ、と。