読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしどブログ

目指せ脱アンドロイド。

トモダチって、いいよね。いいねしてくれなくても。

現実

f:id:tomoshido:20170227042610j:plain

はじめて「逃げたい」と思うくらいに不安になったのは、いつだったかな、なんだったかな、と考えてみた。

 

たぶん、小学校3年生の初日にはじめてのクラス替えを経験して、「友達がいなくなってしまうかもしれない」と思ったときだ。

 

幼稚園から小学校に上がるときには、真新しさがすごくて、不安を感じているひまもない。男の子は「ランドセル超かっこいい」とか、「ボタンひとつでかしゃってなる筆箱すごい」とか思うから、不安よりも勢いが勝つ。

 

でも、小学校3年生になると「生活に変化はないのに環境が変わる」という初めての体験をすることになる。小学12年生の間にグループはある程度できあがり、とくに仲の良い友達も決まっている。それなのに、ボクにとっての安定的な環境が、先生たちの人選により無慈悲に引き裂かれてしまう(可能性がある)のだ。

 

「ずっと友達だよ」とお互いに言い合っていたのに。クラスが違えばなんとなく疎遠になる。それは小学生にもわかることだ。

 

mixch.tv

 

そんなことを考えていたので、気付いたらミックスチャンネルを開いていた。

 

見てよ。この「しあわせにありがとう」感。ドキドキしちゃうね。

 

カップルが多いけど、友達同士の動画も多い。“思い出を残したい”という気持ちが動画から感じられる。動画の中の人はどこの誰だかわからないけど、不思議と「来世までしあわせに過ごしてほしいな」という気持ちになってくるのだから、感動的な何かがあるのだろう。「リア充爆発しろ」と思ってしまうのはもったいない。

 

青春はいつまで続くのか。

 

残念なことだが、青春はどんなに長く続いても社会人になった瞬間に終わる。

 

「好きだよ」

「私も」

 

といったやり取りは社会人になってからもできるけど、「オレたちってチップとデールみたいなもんだよな」といったやり取りはもうできない。

 

もしもあなたが青春の真っただ中を生きていて、大切な人がいるならば、気持ちを形にする機会をつくってみてほしい。時間と労力をかけて表現したことは、忘れないから。腐れ縁としてでも続いていくから。

 

***

 

などと考えていたら、スマホが「ブッブッ」と言って、「今日何時まで起きてる?」と10年来の友達から半年ぶりくらいにLINEがきた。

 

ボクに「こういうときは『ごめん』じゃない。『ありがとう』だ。」と言ってくれた友達だ。

 

本当に大切なことは、本当に大切な人が教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

「あのさ、広告画像をつくれる人を探してて…。ゆう(ボクの呼び名)やってくれない?忙しそうだったらだれかやってくれそうな人いない?広告代理店が手一杯みたいで、着手してくれるまでに時間がかかりそうなんだよね…。」

 

仕事かーい。