読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしがないす

スリハー・スリハー!

「別にひとりは嫌いじゃないかな」という男にカラオケを覚えさせてはならない。

クローゼットにはワイシャツしかかかっていなかった「ともしど」ですよ。おはよ。

 

突然ですが「ヒトカラ」に行ってきました。

 

ひとりでカラオケに行くのってなかなかにハードルが高いなんて思っていたのですが、それは10年前の自分の感覚がそう思わせているだけだって気付いたんですね。

 

いまでは、どこに行くのも基本的にひとり。映画館に行くのも、食事に行くのも、花見に行くのだってひとりですよ。そんなボクですから、カラオケにひとりでいくことくらいなんてことはないんじゃないか? そう思ったわけです。

 

でも、さすがにスーツで行くのは気が引ける。「こいつ仕事サボって一人でカラオケなんか来てんのかよ」と思われるのはキツイ。ボクの心の一番弱い部分がたぶん耐えられない。

 

つい最近まで服と言えばワイシャツとスラックスとスーツっぽいジャケットとアウターしか持っていなかったボクですが、最近は思い直してちょっとずつ服を買っておいて本当によかった。パーカー1着しかないけど。

 

そんなわけで、

 

f:id:tomoshido:20170407032747j:plain

潜入成功!

 

受付で店員さんに「プレミアムルーム(?)のご案内でもよろしいでしょうか?」と言われて「なんでも大丈夫です」と答えた結果、

 

f:id:tomoshido:20170407032719j:plain

こんな感じのムーディーな部屋に通されましたけど。

 

至る所が青白くて「なんだかひとりでラブホに来たみたいだなぁ」なんて思いはじめたら自分が「とても恥ずかしいことをしているのではないか」みたいな気持ちになってきて、頭がちょっとあれになったのか、

f:id:tomoshido:20170407032553j:plain

イチゴミルクをオーダーしていました。

 

いまにして思えば普通にコーヒーを頼むのがスタンダードなボクですが頭が普通じゃなかったのでしょうがありませんね。

 

で、いざ歌おうと思ってデンモクとマイクを取り、「ふふふ~ん」ってかんじにピコピコやってみたんですが、何を歌っていいかわからないんですよ。

 

ボクはひとりが苦にならないくせに空気に合わせて生きてきたタイプなんで、誰かが流れを作ってくれないと困るんです。アニソンならアニソン、ロックならロック、懐メロなら懐メロ。そういうの、くれないと。

 

と思ってても始まらないし時間ももったいないということで、自分的にタイムリーな曲をとりあえずセレクト。

f:id:tomoshido:20170407032535j:plain

ん~。声が出ないね。

 

昔の感覚だと気楽に歌えていたはずの曲が歌えない。女性ボーカルだろうがシャウト系だろうが聴かせ系だろうが歌えていたころに戻りたい。ひとりしかいないので、頼るところがテクニックの部分しかないんですよね。そこにしか意識がいかない。「あぁオレ、クソ下手だな」って思い続けるだけの時間が30分はありました。

 

f:id:tomoshido:20170407032544j:plain

とりあえずヤバTに頼ることに。ノリで行けるし。良い感じ。

 

とくに『あつまれ!パーティーピーポー!』はかなりよかった。何がいいって、とにかく歌詞と状況とのマッチングがシュール。「パリピ、パリピ、まぜてくれ!」ってひとりで歌ってるわけですからね。

f:id:tomoshido:20170407033318j:plain

そんなこんなでヤバT無双していたらだんだんと声が出るようになってきて、さらに楽しくなり、選曲が歌モノに。このへんではもう完全に酔ってたんでしょうね。「home」とか引くくらい熱唱してたと思います。

 

あと岡崎体育さんね。いいね、すごく。ちょっと高いけど歌いやすいし、キャッチ―だから楽しくなってきます。

f:id:tomoshido:20170407032755j:plain

順調にイチゴミルクも減ってきた。

 

普段は頑なにしない自撮りも抵抗なくできちゃう。ナルシズム? っていうんですかね? そんなかんじのモノが刺激されたんでしょうね。「自撮りもしなきゃいかんな」と思っていたんでむしろ助かりますが。勇気が出ないときにひとりでカラオケに行ってハイにするってのはありかも。

 

とまぁそんな感じで。

 

とても楽しかったですよ、ひとりカラオケ。ハマっちゃいそう。ひとり遊びを覚えすぎるのは危険なんですけどね。行けちゃうから。

 

しかも「今日はメンズデーなので2時間無料です」となり、会計はなんと500円ジャスト。ワンコインかい。木曜日は2時間だけカラオケに行く日にしようかしら。生活していて遊ぶことってほとんどないから、木曜日の2時間くらいならいいよね。ね、神様。

 

ヒトカラの楽しみ方はひとそれぞれだと思いますが、ボクは自尊心みたいなものを拡大させて悦に入るタイプなのかも。なんかキモいな。

 

この記事を読んでくださった方も、上手いことヒトカラを楽しんでみてくださいね。