読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしどコンテンツ

恥を忍んで、恋も忍ぶ。

面白いと思うのは自分自身。誰かじゃない。(ピアニストさん/ともしどメモ)

今日はピアニストさんと千葉遠征に行ってきた。主に楽しむための1日だったが、要所にためになる話があり、自分が見るためのメモとして書き残しておきたい。

 

 

【モノづくりについて】

 

「俺は計算でモノづくりをしたことは一度もないんだよね。曲を作るときはもちろん、プロモーション活動としてやっていることとかもそう。こうすれば受け手が『こう思ってくれる』とは考えない。ともしど君とは真逆だよね。俺の場合は、自分が客観的に見た時にかっこよかったり、面白いものを作ろう、やろうとするかな。それが自分らしくモノづくりをするってことだと思うよ。ともしど君は、受け手のことばかり考えてきて、今『自分を言葉にする』ってところまで来たんだよね。それを教えてくれた人は、君のことをちゃんと考えてくれたんだろうね。もちろん、それまでの自分もともしど君らしいってことなのかもしれないけど、それで満足できていないんだったら、こういう方法もあると思ってくれたら。次のステップはそこなんじゃないかな。怖がったり不安に思うことはないよ。じたばたしちゃダメ。自分にどうかを考え続けていたら、必ず後からついてくるから。」

 

――とてもハッとした。私は何をするにしても「自分は好き」、「自分にとって面白い」というのを考えたことがない。仮想の誰かを頭の中で作って、その人ならどう思うのかばかり考えていたと思う。そこでひとつの壁にぶつかって、どうしていいかわからずに、もっともっと「誰か」のことを考えていた。

 

手段については、状況に応じてかえる必要はあると思う。それがあるから、ピアニストさんはいろいろな手段を今年から新たに実行してくれているのだろう。でも、「何をするか」、「何を作るか」については、まったくブレない。変わらずに、自分にとって面白いものをひたむきに作ろうとしている。その考え方は私にはなかった。

 

これまでに良いと思ったもの、好きだと思ったもの、面白いと思ったものはたくさんある。けれども、それをちゃんと振り返ってみたことは一度もないかもしれない。

 

 

私にとっては、とても納得のいく言葉でした。ありがとうございます。

 

 

ピアニストさんの2ndアルバムはコチラで視聴できます。

soundcloud.com

私は初めて聴いたときに感動し、即購入しました。オススメの曲は「Like a wind」、「Love Song」、「Father's Dream」、「Watch out!」。ライクアウィンドとファザーズドリームは上記のリンク先で視聴できます。

 

ただいまライクアウィンドのMVを制作していますので、完成しましたら視聴していただけますと幸いです。