読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしがないす

スリハー・スリハー!

「恋人に期待する人生」を変えたがった結果

f:id:tomoshido:20170419004900j:plain

私は他人に期待しがちな人間であった。「ああしてほしい、こうしてほしい」とやたらと期待する。特に身近な人間に対する願望が強く、「彼女」という刺激的すぎる存在に対しては大きすぎる期待をしていた。

 

私は中学校2年生の中頃まで、まったくと言っていいほど女性にモテたことがなかった。もちろんバレンタインに良い想いをしたことはなく、「これ、あまったから食べる?」とたまにおすそわけしてもらえるだけ。まさに恋愛乞食である。

 

しかし中学2年生になった頃に自分で髪の毛を切り始めたことが転機になり、急にモテ始めたのだ。いきなりそんなことになっても困る。女子という存在は私にとって刺激的すぎるからだ。まともに喋ることすらできないのに、高校卒業までの約5年間で数十人の女子と交際した。そんな状態で恋愛がまともに長続きするはずもなく、付き合って別れてを繰り返した結果である。

 

 

そして。

 

高校を卒業したときに、何かを変えなければならないと思った。

 

 

私は「身近な存在に期待をしすぎていること」を問題視した。残念に思う気持ちはどうしても態度に出てしまい、それによって恋愛が上手くいかなくなっていると感じていたからである。そして、

 

「すべての物事を『そういうものだからしょうがない』と思うようにすること」を実行した。

 

なぜそう思ったのかというと、当時読んでいた村上春樹さんの「ノルウェイの森」や「青春三部作」などに出てくる主人公が「誰にも何にも期待をしない人間」のように思えて、口癖のように「そういうものだからしょうがない」と言っていたからである。

 

それ以来、恋愛が変わった。交際期間が半年、1年、そして3年と延びていったのだ。自分から女子に対して期待をすることはなく、女子が「ああしてほしい、こうしてほしい」と言えばそれに沿うように動く。女子にとってはその「都合の良さ」が良かったのだろう。

 

そういう日々を過ごしていると、だんだんと「相手に喜んでほしい」という気持ち芽生えてくる。自分が喜ぶことがすべてだったところから、相手が喜ぶことがすべてになったのだ。しかしそれと同時に、「自分はどうなってもいい」と自分をないがしろにするようにもなった。

 

恋愛はたいていの場合、いつかは終わる。その別れのときに、私は落ち込んだことがない。私は他の男に彼女を寝取られたこともあれば、一方的に罵倒されてフラれたことだってある。それでも私の心は微動だにしなかった。

 

「そういうものだからしょうがない」

 

と、完全に割り切ってしまえたのだ。訓練されていると、人の心は強くなる。それが良いことなのかは別として、ちょっとやそっとのことでは動じない。しかしおそらくその弊害として、

 

「本当に私のこと好き・・・?」

 

とフラれるときに言われる。「好きだったよ」と言っても、間髪入れずに「ウソ!」と言われる。そして、「私に興味なかった」と言われる。そんなことないと思うのに。「特別な存在」を「特別扱い」することだけでは、なかなか気持ちをわかってもらえない。まあ、

 

「そういうものだからしょうがない」のだが。

 

 

人は「他人に期待をすること」のほうが多いと、他人のことを見なくなっていくのかもしれない。自分の気持ちが思考を支配するからだろう。私もそうだった。人の気持ちがわからなかったし、人の気持ちに応えようと思うこともほとんどなかった。

 

しかし、他人を喜ばせようとすると、他人のことを注意深く見るようになる。どうすれば喜ぶのか、どうしてほしいと思っているのかを知らなければ、相手が喜ぶ行動を取れないからだ。

 

そして私は人間観察を無意識のうちにするようになった。相手の反応を見ながら相手の性格を探り、相手が喜びそうな言動や行動を取る。必要とあらば相手に合わせ、自分の気持ちを行動に反映することはほとんどない。

 

それにより、私は人の心を読むことができるようになった。時には女子に「エスパー」と言われ、「そういうところ素敵!」みたいな目で見られることもあった。

 

でも、最後には「私に興味ないでしょ」になるのだ。

 

人の心を知ることは、人のためになる部分もある。しかし、言葉や行動に自分の気持ちが入っていないと、相手の心には何も残らない。

 

それを知ったときから、私は人の心を意識するようになった。「そういうものだからしょうがない」と流し続ける日々には心が伴っておらず、それでは意味がないと感じたからだ。お互いの心に何も残らなければ、セフレとかわらない。

 

 

そして、「恋人に期待する人生」を変えたがった結果。

 

私は人の心がほしいと思った。相手の気持ち以上の気持ちを持ちたいと思った。いつでも相手に笑っていてほしいと思った。相手がつらいなら一緒になって気持ちを共有したいと思った。何があっても受け止めたいと思った。

 

これらは多くの人が当たり前のように思っていることだと思う。でも私は人より遠回りをしなければ気付くことができなかった。しかし、それによって得られたものもある。そのうちで最も得られてよかったのは、

 

「好き」という言葉にウソがなくなったことだと思っている。