だらしがないす

スリハー・スリハー!

ペットボトルの水を飲んで「最高に美味しいです!」って感動されたら一生忘れられない

f:id:tomoshido:20170420220926j:plain

「新人の方には、ペットボトルで水を飲む方法を1から教えるように、指導してください。」

 

 

これ、会社員の頃に役職者研修みたいなやつでアナウンスされたやつですけど、どういう意味だと思いますか? 「新人の方は(本当は呼び方ちがうけど)従業員の方なら誰でも知っているようなことも知らないという前提で、丁寧にやり方を教えてあげてください」って意味らしいです。

 

幸いなことに、その会社に働きに来る人は圧倒的に素直な人が多くて、丁寧に教えていると「はい!はい!」と熱心な目をして聞いてくれる人ばかり。素直な人と接していると嬉しくなりますよね。なんていうか、可愛い。

 

 

まあそんなこんなで、丁寧に指導しましょう月間みたいな時期を過ごしていたところ、ちょっとした疑問というか、「もっとこうしたらいいじゃん」みたいな発想がわいてきて。

 

簡単に言うと、「このペットボトルの水をこうして飲んだほうが美味しく飲めるよ!」みたいな接し方ができないだろうかと思ったんですね。

 

素直な子ばかりだから、「いや、ボクはそういうのいらないです」みたいに突っぱねられちゃうこともなさそうだし、せっかく素直なんだったら素直だからこそ得られるものがひとつでも多くあったほうがいいじゃない? と思って。

 

 

そんなわけで始めたのが、「仕事中にいちばん嬉しいと感じるのはどんなとき? もっと嬉しいと思うために何やりたい?」と聞いてみること。最初は遠慮して、サービス業の模範解答の「お客さまが喜んでくれたら…」みたいなことをだいたいの人が言うんですけど、それは却下。

 

「もっと具体的なやつ頂戴!」ってニヤニヤしながら言うと、みんな「実はやってみたいことがあって…」と言ってきてくれた。少なくとも、時給がいいからとか仕事が楽そうだからって理由ではほぼ確実に来ないような仕事だから、みんな何かしらの働く理由があるんですよね。

 

で、それを全部やらせた。

 

普通じゃ絶対に社員しかやらないようなことも、やりたいって言ったら偉い人に「これこれこういうわけなんで、お願いします」ってお願いして、責任うんたらの話もして、なんとかした。

 

何が言いたいのかというと、「ペットボトルのあけ方を丁寧に教えてあげても、みんな『ええ、ああ、はい』としか思わない」んですよね。少なくとも楽しそうにはしてくれることはほとんどない。

 

でも自分がやりたいって言ったことで、それをするために他の誰かが一生懸命っぽく許可をとってくれたら、真剣にやらないわけにいかないですよね。

 

私は立場上、全員が笑顔で働いてくれる空気を作らなきゃいけなかったんですね。みんなが楽しそうで、嬉しそうで、元気な顔してくれないとダメ。でも、なかなかうまくいかなくて。

 

そんなときに思いついたやり方は、たまたま上手くいったのかみんなのやる気が上がり、空気は一変した。私はシメシメ…と思っていましたよ。

 

 

そんなかんじでやっていたら、ある一人の女の子に

 

「私は人と話していても上手く笑えなくて、人から誤解されることも多いので、接客を通じて自分を変えたいです」と言われたんですね。何をやりたいかじゃなくて、「どうなりたいか」をはじめて言われて。

 

この子、マジだな。

 

と思った。「可愛いんだから自分から笑ってれば解決するよ」なんて言えない。あまりに失礼過ぎて、自分が恥ずかしくなっちゃうから。

 

それなので、自分のために培ってきたテクニックを1から10まで教えた。マニュアルには書いてない、私の秘密の指南書。「自分を演じろ」の教えのもと、あれこれ失敗しながら得た経験のすべてを包み隠さず教えた。

 

そしたらその子は、そのすべてを実行してくれた。日に日に見違えるようにかわり、休憩中の雰囲気も劇的に変化。そんな姿を見ていて、私は嬉しく思った。

 

その子に対してはもっと色々してあげたいと思ったので、あれこれ考えた。

 

具体的なものをひとつあげるとすれば、その子が中心になる瞬間を作ってあげたいと思って、「ほおらみなさん、見てください!女子高生が一生懸命に卵焼きを焼いていますよ!女子高生の焼いた卵焼き、食べたいしょう?」と言った。えらい人がいたら怒られたかもしれないが、「恥ずかしいからやめてくださいよ~!」と笑う女の子を見て、すべての人が一瞬で笑顔になった。計算のうちとはいってもちょっと不安もあったけど、楽しそうなその子の姿に救われました。ちなみに卵焼きは4本(24切れ)売れて、「卵焼き職人みたいだね」って言ったら「嬉しいです~!」と言っていた。可愛いかよ。

 

「ほらね、一生懸命に焼いている姿を見てくれたほうが、みんな美味しそうに食べてくれるでしょ? で、それを見たら〇〇さんも嬉しいよね。その気持ちあると、もっともっと仕事が楽しくなると思うよ。」

 

「はい!すっごく楽しいです!」と言うその子の目は本当にキラキラしていた。

 

ペットボトルの水の飲み方を教えられても、たぶんやる気のある人にとってはつまらない。やる気のある人はペットボトルの水の飲み方くらい自分で覚えるから。ペットボトルの水をこうしたらもっと美味しくなるよみたいな接し方の重要性を学んだとともに、「ちょっとは意味のあることをできたかな」と嬉しくなった。

 

その後、私は異動することになり、その子は手作りのストラップをプレゼントしてくれて。「出会えてよかったです!」みたいなことを言われ、グッと来た。

 

 

私にとって、一生忘れられない思い出のひとつです。