だらしがないす

スリハー・スリハー!

夏を害なく乗り切るには「ゆるキャラ」になるしかない

 

暑い日が続いている。

 

関東では日中に気温30度を超える日も珍しくなくなり、お前が5月26日なのか7月7日なのか8月15日なのか、私にはわからない。

 

「8月だ」と真顔で言われれば信じるだろう。

 

約束する。

 

でも曜日感覚なら人並くらいにはある。

 

なぜなら私にはcomicoがあるから。

 

「ミイ君だ!月曜日だ!」となれるし「ゴーストッカーだ!華金だ!」とわかる。

 

comicoがあってよかったなぁ」

 

続く

 

 

 

続いた

 

暑い日が続いていると、動物たちはぐったりする。

 

実家に帰れば飼い犬がコンクリートの玄関にぺったりと張り付いて「もう限界っす」という目で見つめてくるし、よく見かけていた黒猫は姿を見せなくなった。

 

みんなぐったりだ。

 

例によって私もぐったりすることが多くなった。

 

ぐったり星人だ。

 

冷凍庫をあけたら最後、魔性の冷気から離れられない。

 

おじいちゃんになる。

 

チョコレート星人だ。

 

ほっといたらパンツを頭にかぶって「ふへへへへ」とか言い出しそう。

 

困った。

 

ご近所さんに噂されちゃう。

 

もうすでに「あの家の人はニートなのね、ほとんど家から出ないし。どうやって家賃払ってるのかしら」と言われているかもしれないのに。

 

ニートが頭をこじらせてしまったんだわ、かわいそうに」と言われてしまう。

 

そんでしまいには大人の男として最も言われたくないセリフ「息子(娘)、あの家の人と会っても目を合わせちゃダメよ」って言われるんだ。

 

そのような事態はなんとしても避けなければならない。

 

ご近所づきあいをなめてはいけないのだ。

 

生活していく上で絶対に必要になることがある。

 

それは、ゴミ捨てだ。

 

なぜか奥様方は、ゴミ捨てのタイミングで世間話をするようにできている。

 

相対性理論というやつだ。

 

そこで「おはようございます~」とニコニコして言わなければこの町では生きていけない。

 

Si.俺たちはいつでも、ごみを捨てて育った

 

ごみを捨てる限り、ご近所づきあいを避けて通ることはできないのだ。

 

ましてや「明らかに自分のことを話しているような目をして」ひそひそ話をされることに耐えられるメンタルを持ち合わせてはいない。

 

つらい。

 

早急にゴミだとバレないように生きなければならない。

 

「ゴミがゴミ捨ててるよ!ギャハハハハ!!!!!」

 

と後ろ指さされる前に。

 

だから私は暑さに立ち向かわなければならない。

 

どんなに暑くてもぐったりしない精神力を身に着けることが急務だ。

 

いいよなぁ、犬とか猫とかパンダは。

 

ぐったりしていても「かわいい~♡」となるんだからさ。

 

愛玩されてぇ~。

 

ん?

 

もしかして、ゆるキャラになればぐったりしていても許されるのではないか?

 

埼玉を代表するゆるキャラになればいいのか。

 

観光大使とかになれるかもしれない。

 

そもそも埼玉にゆるキャラいるのか?

 

いなくない?

 

もしかしてパイオニアになれる?

 

カリスマになれるかも?

 

と思ってとりあえず調べてみた。

 

そしたらけっこういた。

f:id:tomoshido:20170526162842p:plain

 

 

めっちゃ可愛いやついるじゃん。

 

コバトン

 

知ってる。

 

もうちょっと調べてみたら、この子が日本2位らしいということがわかった。

 

f:id:tomoshido:20170526162902p:plain

 

可愛いじゃないか!

 

どうあがいても勝てそうにない。

 

才能とはこれほどまでに残酷なのか。

 

愛玩されたいという私の願いは埴輪のゆるキャラに叩き潰されてしまった。

 

……いや、まてよ。

 

べつに可愛いだけが正義じゃないよな。

 

昆虫みたいなゆるキャラいるし。

 

目つきが悪くて常に目の下にくまができてる鬼太郎みたいなゆるキャラがいたっていいじゃない。

 

妖怪のほうが近そうだけど。

 

それならそのままイケるし。

 

もう私はゆるキャラです。

 

ともしどはゆるキャラみたいな妖怪です。

 

あ、逆か。

 

妖怪みたいなゆるキャラです。

 

ともしどは妖怪みたいなゆるキャラです。

 

あれ、なんだろう。

 

なんだか悲しくなってきた。

 

結局何も解決してないような気もするし。

 

まあいいか。

 

頭もぐったりしてるんだもんね。

 

私は悪くない。