ともしどブログ

宛名なしのお便り

左手はエクスタシーのとりこである

さいきん、ひそかなマイブームがある。

 

右手と左手に意識を傾ける遊びにハマっている。私は右利きなので、右が利き手、左が利き手じゃない手である。そうしてわかったことがある。私は無意識のうちに使う手を決めている。

 

右手は、書く・スマホいじる・包丁で切る・おしりふきふき・などなど、器用さが求められることを無意識のうちに担っていた。左手はぜったいに行こうとしない。たまには行けよ、と思う。

 

一方、左手には、トイレ掃除・チンチンカイカイ・チンチンクイクイ・動物を撫でるくらいしか役割がない。野菜を切るときに添えるだけとか、そういうのはあるが。左手は添えるだけ、ということか。

 

左手はエクスタシーの塊なのではないかと思い始めた。汚れを落とす快感。チンチンをかく快感。チンチンをクイッとする快感。動物を撫でる快感。左手は快感を得られることに積極的すぎるからである。

 

実験として、右手と左手を入れ替えてみた。右手でやることを左手で、その逆は逆で行う。その結果、どうなったか。イライラした。とにかくイライラした。右手でチンチンをクイッとしてイライラするときの気分は最悪だ。

 

それは単に「慣れていないから」ではない。慣れで決まるなら、右手でトイレ掃除をしてイライラするのはおかしい。こぼした液体をティッシュで拭くのは右手なのに、トイレ掃除をするのは左手なのである。左手が快感にとりつかれているとしか思えないでしょう? 左手は汚物とハラハラしながらせめぎ合うのを楽しんでいるのである。

 

そういうことなら、人は快感を求めているとき、無意識のうちに左手を差し出してしまうのではないだろうか。たとえば、女が家のカギをちらちらと揺らしながら手渡そうとしたら、男がムラムラしていれば左手で、無欲ならば右手で受け取るのではないだろうか。試しにやってみてほしい。そして結果を教えて欲しい。

 

そういえばさいきん、ソフレ(添い寝フレンド)を題材にした漫画を読んだ。そのとき私は、スマホを置いて左手の中指で画面をスクロールしていた。快感を求めすぎている。


左手の中指は、手指の中で最も器用さに乏しい。快感を得られるものには不器用な手と指が反応してしまうのだ。

 

そりゃ、左を崇める言葉が多いわけだ。